日刊大衆TOP 芸能

Yuki Saito(映画監督)「ハリウッドで、めちゃめちゃに打ちのめされました」臥薪嘗胆の人間力

[週刊大衆2016年12月26日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

Yuki Saito(映画監督)「ハリウッドで、めちゃめちゃに打ちのめされました」臥薪嘗胆の人間力

 小学3年生のときに、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観て、将来は俺もこんな映画を作るって決めたんです。それで、高校卒業後すぐ、映画の勉強をするため、一人でアメリカに渡りました。昔からの夢をようやく叶える時が来たと意気揚揚と乗り込んでいったわけです。

 ただ、理想が大きかった分、現実とのギャップがありすぎて、まあ、めちゃくちゃに打ちのめされました。ハリウッドって、半端じゃない競争社会。映画の大学に入ったんですが、入学式でこう言われるんです。“今両隣にいる人と、互いに自己紹介してくれ。まずは、卒業までにその両隣の2人より上に行け。ウェルカムトゥーハリウッド。競争の社会へようこそ”って。それを聞いて、隣の連中は、“オフコース。やってやるぜ!”みたいなもう自信たっぷり。

 ひと学年に、100人くらいいるんですが、そのなかで監督になれるのは1人か2人。向こうの授業って基本的に挙手制なので、周りは積極的に挙手して、どんどん自分をアピールしていく。だけど、なかなか自分は積極的になれなかったんですよ。

 見兼ねた先生が、“今回は、Yukiにやらせよう”って一度チャンスをくれたんですが、自信がなかったんでしょうね。“I can’t speak ENGLISH”って英語ができないことを言い訳にして逃げちゃったんですよ。クラスの連中は、“ワーオ”って呆れた声ですよ。もうその時の声が今でも耳にこびりついています。

 その後、大学を卒業したんですが、ノーマン・パウエルっていうドラマ『24』のプロデューサーの方が、大学に週1回講義をしにきていたんですが、彼のアシスタントとして、大学に残ることができたんです。

 でも、先生が本業のほうが忙しくなって、大学を辞める時が来た。その最終日に、呼び出されたんですよ。内心、“おっ、ついに現場に連れていきたい”とか言われるのかなと思ったら、“今のままでは、君は200%監督になれない”って言われたんです。もう悔しくて悔しくて。

次ページ >> 日本人ならではの映画を撮ることがハリウッドへの近道だといわれ…

Yuki Saito(映画監督)「ハリウッドで、めちゃめちゃに打ちのめされました」臥薪嘗胆の人間力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.