日刊大衆TOP 社会

小池百合子都知事VS森喜朗・内田茂連合、熾烈極まる「激突」

[週刊大衆2017年01月02日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

小池百合子都知事VS森喜朗・内田茂連合、熾烈極まる「激突」

 “入城”以来、圧倒的世論を味方に敵方を完封してきた“女傑知事”。砲弾のような応酬に耐え、今こそ反撃前夜。いざ、決戦の引鉄を!

 小池百合子東京都知事に、“都議会のドン”こと内田茂氏率いる自民党都議団が、突如“奇襲”をかけた。12月7日、都議会での代表質問で、自民党の崎山知尚議員が小池知事に質問。知事が答弁に詰まって苦笑いを浮かべるや、「笑ってんじゃないよ!」というヤジが飛び、知事も負けじと机を叩きながら感情を剥き出しに応戦した。そこに現れた“伏兵”が傍聴席の一般人たち。小池知事の支持者とみられる都民の「自民党は有明(アリーナ)の利権が欲しいんだろ!」という声が響き渡ると、都議会自民党はシーンと静まり返った。

「まさに、小池知事と都議会自民党は全面戦争に突入したわけです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏) その発端は、破竹の勢いだった“小池劇場”に陰りが見え始めたことにあった。

 豊洲新市場移転問題では、長引く延期に市場関係者に対する補償問題が持ち上がり、整備費の削減を目指した東京五輪の施設問題では、五輪組織委員会の森喜朗会長(元首相)に寄り切られた格好。代替施設の使用を目指した小池知事の思いは叶わず、ボート・カヌー会場と水泳会場の新設が決定。森会長の目論見通りとなったからだ。

「知事は、最後の望みをバレーボールの会場に託しました。有明アリーナの新設を図る森会長に対して、“404億円もかけるのはもったいない”と、既存の横浜アリーナを活用しようとしたんです」(都庁担当記者) 12月21日に大会組織委員会、政府、都、国際オリンピック委員会(IOC)の4者によるテレビ会議が行われたが、小池知事がボート・カヌー会場と水泳会場に引き続き、3敗目を喫した。

「横浜アリーナの活用には林文子横浜市長の同意が必要。小池知事は“林市長は長年の友人”と期待を寄せていましたが、森会長と菅義偉官房長官が林市長に働きかけ、林市長は“開催は難しい”という認識を示していましたからね。来年、横浜市長選を控えた林市長としては、地元の実力者である菅氏の存在を無視できなかったんでしょう」(都庁関係者)

 小池知事へのぶら下がり取材で記者から「大山鳴動して鼠一匹」などという声も飛び出す始末。この苦境につけ込むべく、“ドン”内田氏率いる都議会自民党は、反撃の準備を開始していた。しかし、その矢先。小池知事から先制攻撃が仕掛けられる。「知事はいきなり、30年以上タブーになっていた都議会の聖域に斬り込んだんです」(前出の鈴木氏)

次ページ >> 『ワイドナショー』では「だから“政治家だせえ”」

小池百合子都知事VS森喜朗・内田茂連合、熾烈極まる「激突」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.