日刊大衆TOP 芸能

『孤独のグルメ』正月SPに「視聴者大悶絶」のワケ

『孤独のグルメ』正月SPに「視聴者大悶絶」のワケ

 深夜に食欲を刺激する“飯テロ”で評判のドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)。1月2日に放送された『孤独のグルメ お正月スペシャル~井之頭五郎の長い一日』では、いつも以上に視聴者の食欲を大きく刺激したようだ。

 松重豊(53)演じる主人公の井之頭五郎が、仕事の合間に各地のグルメを味わい楽しむ同ドラマ。お正月スペシャルでは、関東での五郎の一日がテーマとなり、焼き肉店に中華料理店、がっつり肉料理の店など、さまざまな店で五郎がグルメを楽しむ姿が描かれた。

 焼き肉、レバニラ炒め、スペアリブ、水餃子……。おいしそうな料理の数々が登場するが、お正月スペシャルでひときわ視聴者の目を引いたのがボリュームたっぷりのリブステーキ。あふれ出る肉汁に、さらに食欲をそそるガーリックライスと、たたみかけるように登場する“飯テロ”シーンに、リアルタイムで視聴していたSNSユーザーからコメントが続出。「ぐぬぬぬぬぬ! これはアカンやつや!」「世間がおせちムードの中でステーキとか。うおぉ腹へった……」「飯テロが! 飯テロが来たぞ!」「ステーキオンザガーリックライスとか罪深すぎる!」「正月のこの時間、どこでステーキ食えばいいんだよ」と、やり場のない食欲に悶絶するファンの声が多数見られた。

「2012年からスタートしたこのドラマは、深夜番組にもかかわらず大人気で、現在シーズン5まで制作されており、続編も決まっています。“最強の飯テロドラマ”として名高いですが、今回は今までを上回る飯テロぶりでしたね。料理をおいしく見せるだけでなく、細かな演出もポイントで、このステーキのシーンは五郎がちょうど深夜0時に食べているという設定でした。そして、実際にこのシーンが放送された時間も深夜0時なんですよ。このニクい演出が、見ている人の食欲をさらに刺激したと思いますね」(テレビ誌ライター)

 シーズン6の放送日はまだ未定だが、お正月スペシャルでこれだけの飯テロが襲いかかるなら、それをも上回る“脅威”に期待したい。

『孤独のグルメ』正月SPに「視聴者大悶絶」のワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.