日刊大衆TOP 娯楽

パチプロが悲鳴!? 今「パチンコが勝ちにくい」ってホント?【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第39回 パチプロも勝てない「パチンコ不景気」真っ只中?

 30年近く通っているホールにずっと勤めていた店員さんが定年退職しました。寂しいですが、ホール店員の定年を初めて見かけたのでちょっと驚き。わしはいつまでも続けられるという理由でパチプロになりましたが、物忘れや勘違いが増えて老後が心配になってきました……。

 さて、世間はようやく正月気分が抜けてきた頃でしょうか。いろいろ騒がれていた「爆裂系パチンコ機種の撤去問題」も昨年末でひと段落。ホール店舗や客の数はジリジリ減っていますが、2017年に入った今、業界問題的な不安材料は当面ありません。

 これからはホールに活気が戻ってくるはず!……と言いたいところですが、実際はまだまだ厳しいようです。普通の客だけではなく、最近はパチプロの数もめっきり少なくなりました。わしはパチプロを辞める気はありませんが、日当や年収が下がりつつあるのは事実。

 最近はパチンコ台の撤去問題の影響もあって、ホールの経営は総じて厳しくなっています。ゆえに「パチンコで勝てる(=ホールが客にサービスする)環境」は激減していて、プロでも簡単には勝てない状況なのです。

 パチプロは今、集団グループ化して生き延びるか、潔く廃業して普通に働くかの二極化が進んでいます。わしのようなポンコツパチプロが1人で打つだけでも煙たがられるのに、プロが集団でサービス台を占領して出玉を抜きまくると、ホールは大赤字になるだけでなく、常連客の信用まで失って丸損です。そして「サービスしても意味ないから、出玉還元はもうやめよう」という悪循環に陥るわけです。

 さらにパチプロとして懸念している点は、「打ちたい」と思える機種の少なさです。現在ホールの主力となっているのは、大当たり確率が約320分の1のミドルデジパチですが、強力な有名タイトルであっても客はまばら。開店前の入店待ちの並びも極端に減ってしまいました。大当たり確率約200分の1前後のライトスペックもイマイチ。どれも似たりよったりで、残念ながら“食える機種”は見当たりません。

 わしが好きな甘デジはさらに悲惨です。初当たりを引いた後、もう一度大当たりを引かないと連チャンモードに入らない「突破型」と呼ばれるタイプが増え、大当たり確率が約99分の1と軽い甘デジでも、勝つ前に資金が尽きてしまう。楽しく手軽に勝てるスペックの古い機種は外され、残ったとしても1パチ送り。「勝てる店と勝てる台」がダブルで減少しているのです。

 何だか辛気臭い話になってきましたが、希望の光は見え始めています。

 パチンコメーカーが、中途半端な出玉爆発力にこだわるより、打つこと自体が楽しいと思える機種を作ろうとする流れです。たとえば、昨年登場した一発台の『CR天下一閃』はその代表でしょう。以前にここでも紹介した、ちょっと異端のパチンコ台ですが、デジパチが不振だからこそ注目されたのかもしれません。

 そんな中、わしが首を長くして待っていた「救世主機種」の導入がついに始まりました。『スーパー海物語』甘デジ版の元祖、通称「白海」が復活したのです!

CRAスーパー海物語(三洋)
CRAスーパー海物語(三洋)
◆大当たり確率:約1/89.8
   →ST時:約1/8.9
◆ST突入率:100%(5回転)

『海物語』シリーズの甘デジ版は、パチンコファンなら誰しも一度くらいは打ったことがあると思いますが、わしの個人的評価では初代がやっぱりナンバーワン。最も長く稼げた機種です。この機種は、その初代のスペックをほぼ完全再現していて、さらには初代になかった15ラウンド出玉(約1200発)が追加されました。確率的には朝から晩まで打って1回引けるかどうか程度なのでオマケ要素ですが、夢はないよりあったほうがイイ。

 通常時、ST(回転数制限の確変)中とも、従来の甘デジ版『海物語』より当たりやすい確率なのが最大の魅力。5連10連はそうそうできませんが、ハマリが小さくすむのはやっぱり楽しい。パチンコは「とにかく当たってナンボ」と思う人にぜひオススメしたいのです。

 わしは直営店に先行導入された『白海』を、開店から閉店までの終日勝負で、2日連続打ってみました。待ち望んでいた機種でもあり、本気度全開で打ち込んで、2日間の収支合計は約8千円勝ち(笑)。「それでもプロなの!?」と思われそうですが、2日ともかなりのヒキ負け展開で、他の甘デジだったらおそらくボロ負け。それでも勝てたわけですから、かなり“甘い”といえます。

 一撃出玉爆発の可能性は薄くても、堅実さでは現行デジパチの中で屈指の実力。1日じっくり遊べて、しかも安定した勝ちが見込めるなんて、パチンコファンにもプロにもウレシイですのう。一発告知の“キュイン”や保留先読み演出などはありませんが、むしろそれが長時間飽きずに楽しめる「スルメパチンコ」の真骨頂だと、わしは思います。

 投資が少なくすむのに粘ればキッチリ勝てる、実にありがたい存在の甘デジ『CRAスーパー海物語』。これを今後の主軸にすえたいのがわしの正直な本音です。設置はそこそこ多そうなので、みなさんも優秀なホールを見つけて確実な勝利をモノにしてください♪

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチプロが悲鳴!? 今「パチンコが勝ちにくい」ってホント?【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.