日刊大衆TOP 芸能

東野幸治「自分の父親と嫁」の間にある“確執”を吐露

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

東野幸治「自分の父親と嫁」の間にある“確執”を吐露

 1月8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、東野幸治(48)のプライベートな告白に松本人志(53)が大ウケする瞬間があった。

 この日は「やっと放送できるスペシャル」と題して未公開トークを放送しており、そのときのテーマは“姑の面倒はみたくない 女性の「死後離婚」が増加”というもの。番組内では死後離婚を“配偶者が亡くなった後に「同じ墓に入りたくない」と関係を断つこと”を指し、これを望む女性が年々増加していると説明。一番の理由は“夫が亡くなったあと夫の親族と縁を切りたい”というもので、“夫が亡くなってまで姑の面倒を見たくない”という意見が背景にあるとした。

 この流れで松本が東野に「一緒にお墓入りたい? 嫁と」と質問したところ、東野は「あの、僕は入りたいんですけど、嫁が東野家の墓を、たぶん、入りたくないと思うんですよ」と返答し、続けて「それは、話せば、25分かかるんで、ちょっと割愛させてもらいますけど」と笑いをとった。

 さらに東野は「うちのオヤジに嫁がちょっといろいろ……イヤミ言われたりとかしてたっていうのがあるから」と赤裸々に語り、松本はこれを受け「別にええんちゃうの、墓なんか」と持論を展開。世間で6割の人(奥さん)が死んでまで(夫と)一緒にいたくないという意見であることに対し、松本は「でもある意味、現実的じゃないというか、女の人ってロマンチックなこと言うね。別にあんなもん(骨)はお粉だからね。そこまでこだわるかね〜と思うねんけど」と腑に落ちない表情を浮かべた。

 自身の墓について聞かれた松本は「俺どうでもいいわ〜」「墓ホントにいらんし」とコメント。海に散骨でもいいのかと聞かれると「でもいいし、なんやったら(骨で)1回コーヒー立ててくれてもいいし」とボケてみせた。これにウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)が「誰が飲むんですか!」とツッコみ、東野が「(飲むのは)浜田さんくらいでしょ」と言い、泣きながら飲む真似をしてスタジオは爆笑。松本は「なんであいつが俺より長生きしてるん!」と怒ってみせた。

「東野さんは1991年に結婚した奥さんと一度離婚し、また2011年に復縁するなど、やや複雑なんですよね。ふだんは自分のことは、さほど話さない東野さんのプライベートな事情がかいま見えて、興味深い回でしたね」(お笑いライター)――テレビでは歯にきぬ着せぬ物言いで敵なしに見える東野も、意外と家庭では苦労しているのかもしれない!?

東野幸治「自分の父親と嫁」の間にある“確執”を吐露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.