日刊大衆TOP 娯楽

柴田恭兵の暗号…“あぶない刑事”で大波乱「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年01月30日号]

「柴田恭兵」という暗号が出た。1月8日(日)、京都メーンのシンザン記念。5枠にこの2頭が入っていたのだ。

 トラスト  (柴田)大
 (キョウヘイ) 高倉稜

( )で囲った部分をご覧になっていただきたい。つなげると、柴田キョウヘイ(恭兵)である。俳優・柴田恭兵でわれわれがすぐ思い出すのは、1987(昭和62)年に大ヒットしたテレビドラマ『あぶない刑事(デカ)』。

「ひょっとすると、これは、あぶないデカ馬ということで、デカ馬がみんなスッ飛んでしまうんじゃないですかね」

 競馬風俗研究家の立川末広がそんなことをいうので、発表されたシンザン記念の体重にあたってみたところ、15頭の出走馬のなかに、ものすごく小さい馬がいた。たった428キロのキョウヘイ。

 この馬が、あぶないデカ馬たちを尻目に、勝利をさらってしまうのか。そんなことを考えていたら、これが本当になった。シンガリ一気の末脚で、デカ馬相手に勝ってみせたのだ。8番人気で単勝は2740円。2着は524キロもあるいちばんのデカ馬タイセイスターリーで、馬単は5万円に近い大穴だった。

 全国の柴田恭兵ファンが、この馬券、ごっそり取ってる気がするなぁ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

柴田恭兵の暗号…“あぶない刑事”で大波乱「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.