日刊大衆TOP 芸能

脳梗塞のラモス瑠偉“休養前の姿”を『ナカイの窓』で放送

脳梗塞のラモス瑠偉“休養前の姿”を『ナカイの窓』で放送

 1月11日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、元サッカー日本代表選手でJ2のFC岐阜前監督のラモス瑠偉(59)が出演した。

 ラモスは2016年12月29日、脳梗塞の疑いで緊急入院し、現在休養中。放送は休養に入る前の12月16日に収録したものだった。今回は、MCの中居正広(44)がゲストをキャスティングする“キャスティングの窓”という企画で、ラモスは元サッカー日本代表選手でタレントの武田修宏(49)の友人というつながりで中居から電話で出演を交渉され、快諾しての出演となった。

 日本代表のレジェンドとして番組で紹介されたラモスを前にして、同じく収録に参加した現サッカー日本代表DFの槙野智章選手(29)は「僕はラモスさんと初めましてです」と緊張気味。武田も「今日は緊張ですね。まさか出てくれるとは思わなかったんで」とかしこまっていた。

 槙野が日本代表チームについて「“いただきます”も“ごちそうさま”も、基本的に全員一緒なんですよ。キャプテンの長谷部さん中心に、終わるタイミングをみんなで合わせるんです」と語ると、スタジオは驚愕。槙野が続けて「朝から“昨日のテレビ面白かったよね”とかずっと話してると、それをみんな待たないといけない」と言うと、さらに驚きの声が上がった。それゆえ若手があまりダラダラ話していると、長谷部誠選手(33)からひと言「もういいでしょ?」と注意が入るとのことで、それを聞いた中居は「こわー!」と目をむいていた。

 それを聞いた武田が「僕らはだいたい決まりがあっても、監督にラモスさんが文句言って、決まり変えちゃいますから」と説明。ラモスは先述の槙野の話を受けて「ある程度は待ちますよ。でもさっきみたいにくだらない、コーヒー飲みながらつまらない話してるの、ムリ! 相手が誰だろうが、“すみません監督さん、私帰ります”って」と話し、これには槙野や中居もビックリ。中居が「先輩であっても?」と聞くと、「関係ない!」と強気な発言。武田が「日本代表のユニフォームに日の丸ついてなかったのも、ラモスさんが“つけろ”って言って日の丸つけるようになったんです」と明かし、当時の日本代表におけるラモスの影響力を語った。

 他にもラモスは、槙野が日本代表でホテルから練習に行くときに流す曲や、練習が終わってホテルに帰るときの曲を選曲していると語ると、それを受けて「時代が変わったね」としみじみ。さらには「スゴイ選手だったら何やっても大丈夫です。でもいろんな選手が結果も出さずに、ただ(音楽を)聴いてるだけで、結果も出さずに鏡の前で(ヘアスタイルとか)やってるのは許さないね! 俺の時代、1回もない! 髪の毛も1回も直したことない」と苦言を呈した。そんなラモスに中居が「でも(ラモスは)パーマかけてるじゃん」とイジると、すぐに「パーマじゃない、天然やねん!」と即座に切り返すなど、ちゃめっ気のある一面を見せていた。

「放送後、ラモスさんの公式サイトには、“『ナカイの窓』(日本テレビ)をご覧いただきありがとうございました。(本番組は昨年12月16日に収録をしたものです)たくさんの方からの励まし、お見舞いのメッセージ、心から感謝を申し上げます”という一文が掲載されていました。この番組は貴重な記録になりましたね」(サッカー関係者)――多くのファンに愛されているラモス瑠偉の、一日も早い回復を願うばかりだ。

脳梗塞のラモス瑠偉“休養前の姿”を『ナカイの窓』で放送

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.