日刊大衆TOP 娯楽

パチンコは「ケンミン性」で“勝てる台”が変わる!? 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第52回 日本全国ご当地パチンコ事情

 すっかりご無沙汰しております。前回から間が開いてしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。年末年始はバカンスや帰省など旅を楽しんだ、なんて方も多いのかな? ちなみに私は、自宅でのんびりと寝正月を満喫させていただきました。

 もちろん、パチンコもちょこっと打ちましたよ。パチンコ業界において年末年始は、GW、お盆と並ぶ「三大回収期」の一つといわれるように、勝ちづらい店が多くなるのが常でしたが、今年は遊べる調整にしていた店が多いように感じました。もしかしたら、今後は「三大回収期」が死語になっていくかもしれないですね。そうなるとうれしい反面、その分通常営業が厳しくなっていくのだろうなと、不安にもなる今日この頃です。

 さて、2017年の1回目となる今回は、日本全国の「ご当地パチンコ事情」を取り上げてみたいと思います。我々パチンコライターは、最近全国各地のパチンコホールに伺う機会が増えました。それぞれの地域に名産やお国言葉があるように、パチンコホールにもまた、その土地ならではの特色があるんですよね。

 たとえば、設置機種の傾向もその一つ。首都圏を含む大半の地域では、パチスロコーナーのメイン機種といえば『ジャグラー』シリーズが定番ですが、これが東海地方や新潟だと『ハナハナ』シリーズなんです。私がいろんな地域に訪れるようになって、これが一番最初にビックリしたことでした。店の稼働はそこそこあるのに、『ジャグラー』コーナーが閑散としている、またはコーナー自体がないこともあるんですよ。『ジャグラー』が置いてない店なんて、都内では絶対に考えられないので、かなりの衝撃を受けましたね。

 設置機種は同じでも、客つきの違いに驚くことも多々あります。数か月ほど前、昨年の秋くらいの話になりますが、その当時、首都圏のパチンコホールにおける主力機種は、どこの店も『真・北斗無双』でした。機種名の通り、まさに「北斗」が「無双」状態。我々ライターの間でも、“勝ちたいなら『北斗無双』一択”だといわれていたくらいだったんです。

 そんな時期に、東北地方のホールに実戦取材で何度かお邪魔しました。すると、ホール全体の客つきは良いのに、『北斗無双』のシマにお客さんが少ないんです。しかもこの光景は一店舗だけの話ではなく、複数の店舗で目にしました。これは衝撃でしたね。首都圏では『北斗無双』が圧倒的な一番人気だったので、信じられませんでした。

 何人かのお客さんから話を聞いてみましたが、ふだんからそんな調子なのだそうで……。どうもその地域にはのんびりしている方が多く、ハイリスクハイリターンな機種はあまり好まれないのだとか。なので、通常大当たりでもドル箱1つ分の出玉が獲得できる『海物語』シリーズを好きな人が多いとのことでした。確かに『海』シリーズのシマは、当時の最新機種だった『スーパー海物語IN沖縄4』はもちろん、その頃首都圏では稼働が落ちてきていた『スーパー海物語IN JAPAN』にも、ビッシリとお客さんが座っていましたね。

 同じ東北でも、漁港がある漁師町のホールでは、逆に『北斗無双』や『牙狼』が人気なんだとか。そこは『海物語』じゃないんですね(笑)。魚は毎日嫌というほど見ているからかな? お客さんの話では、どうやら漁師さんは血気盛んな勝負師タイプが多いから、大勝ちを狙いやすい機種が人気らしいです。人気機種に地域性があるなんて、面白いですよね~。

 あとは何といっても、低貸コーナーのにぎわい方ですね。これはどこの地域が特別すごいという話ではなく、全体的に都市部よりも郊外のほうが、1円パチンコをはじめとした低貸コーナーにお客さんが多いです。しかもその多さが圧倒的! 4円パチンコのシマはガラガラなのに、1パチは連日満員御礼。空き台を探すのに一苦労なんてホールもよく見かけます。

 ふだん東京近郊で生活しているとあまりピンとこないんですが、実はホール全体に占めるシェアは、今や4円パチンコよりも低貸パチンコのほうが多いんですよね。これは各地のホール状況を見ると納得です。以前は「1パチで勝つ」なんて不可能だと思っていましたが、近年の低貸コーナーの勢いを目の当たりにすると、もしかして活路が見い出せるんじゃないかな、なんて感じたりしますね。

 人気機種が変われば、ホールの力の入れ具合も変わります。その土地ごとのパチンコ事情を知れば、狙い目の台が分かるかもしれませんね。今回は東日本のパチンコ事情がメインでしたが、西日本もきっとそれぞれの地域性が濃いんだろうなぁ。皆さんもたまには気分転換に旅打ちをして、いろんな地域ならではのパチンコを体験してみてくださいね。

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコは「ケンミン性」で“勝てる台”が変わる!? 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.