日刊大衆TOP 芸能

足立梨花「メガネ男子に、メガネを外しながら壁ドンされたい!(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2017年02月06日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

足立梨花「メガネ男子に、メガネを外しながら壁ドンされたい!(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、華々しくデビューしてから早9年。最近では女優としての活躍も目覚しい旬の美女、足立梨花さんの登場だ。2月公開の主演映画では、なんとイジメられる女子高生役を演じるとか。その撮影秘話と、彼女の素顔にググッと迫りました!

――ここ数年はバラエティ番組での印象が強かったですが、最近、女優としての活躍が目立ってますね~。

足立 ホント、ありがたいことです。特に昨年の後半は、立て続けにドラマにも出させていただいて。

――今までは、話題となったドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)をはじめ、明るい女性を演じることが多かったように思いますが、今年2月に公開される主演映画『傷だらけの悪魔』では、これまでにない役を演じるそうですね。

足立 そうなんです。実は“イジメられる女子高生”の役なんです。

――それはまた、ガラッとイメージ変わりますね。どんなお話ですか?

足立 私が演じた主人公の葛西舞は、東京から地方に転校してきた女子高生なんですけど、その高校には、東京で中学生の頃にイジメていた女の子がいて、その子の復讐に遭い、立場が逆転するんです。でも、それにくじけず、舞は反撃を始めるという、女子高生たちの戦いを描いた映画です。

――かなり壮絶な内容ですね。主演が決まったときは、どんな感想を持ちました?

足立 原作はネットで配信している漫画で、私も読ませてもらったんですけど、イジメがかなり具体的に描かれているので、どうやって実写化するんだろうって、とても興味を持ちました。でも、その反面、“私でいいの?”とも思いましたね。

――“私でいいの?”とは?

足立 何せ、女子高生ですからね。私よりも適任がいるでしょって(笑)。共演者はみんな年下で、中には現役の女子高生もいて……私が飛び抜けて年上だったので(笑)、そこが大丈夫かなっていう不安はありましたね。

――演じるうえでも、苦労はありました?

足立 そうですね。現役女子高生じゃない私が演じるんだから、私にしか出せない舞を演じようと思いました。だから、監督やプロデューサーとも、たくさん話し合いました。

――たとえば、どんな話?

足立 初めて台本を読んだときに、原作では描かれていない部分や、変わっている部分があるんですけど、そこに違和感を覚えたりして、徹底的に話し合いました。それでお互いに納得して、私の意見も台本に反映してもらったりもしましたから、一緒に作り上げた感じはありますね。

――映画なりのアレンジって、よくありますもんね。

足立 そうなんですよ。やはり映画化するにあたって、原作とは違う展開にしたほうがいい場合ってあるじゃないですか。ただ、原作の世界観やリアリティは崩しちゃいけない。そこのバランスを取るために、どう演じればいいかっていうのが、とても難しかったです。

次ページ >> 私なりの女子高生を演じたかった

足立梨花「メガネ男子に、メガネを外しながら壁ドンされたい!(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.