日刊大衆TOP 芸能

角田信朗「ダウンタウン松本人志らへの謝罪文」に、またも批判殺到

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

角田信朗「ダウンタウン松本人志らへの謝罪文」に、またも批判殺到

 格闘家でタレントの角田信朗(55)が、1月23日に自身のブログで、ダウンタウンの松本人志(53)との「共演NG問題」に再び言及。今回の騒動の発端となったエントリーを振り返り、「恥じるべき自己中心的な行動だった」と謝罪した。しかし、ネット上には角田への批判が相次いでいる。

 今回の騒動は、16日に角田が自身のブログで、松本と「共演NG」になった経緯を暴露したことがきっかけだった。その記事で、角田は8年前にダウンタウンの番組にレフリーとして出演オファーされたこと、当時レフリーのミスジャッジ騒動があったために、自粛して番組出演を辞退したことを明かし、このことに腹を立てた松本から共演NGにされてしまったと説明していた。

 これに対し、松本は22日の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、共演NGの真相を告白。松本の説明では、番組収録の2日前に角田側から出演を「ドタキャン」され、代わりの出演者を探すも結局見つからずに収録は中止。多くの共演者や関係者に迷惑をかけることになってしまったという。信頼を第一とする芸能界で、「ルール違反」を犯した人の起用はテレビ局的にも所属事務所的にも無理だと語り、最後は「これを受け、またブログでっていうのも、正直、僕はちょっともう……。これはもう会社通してやってほしいかな」と締めくくった。

 しかし角田は23日、自身のブログに謝罪文を掲載。この行為は、またも波紋を呼ぶことになった。

 角田が、ブログで今回の騒動を謝罪したことに対し、ネット上では「松ちゃんがブログではやめろって言ってたじゃないか」「ここまでくると、松本もさすがに迷惑するんじゃ」「謝罪するなら、会見開くとか事務所に直接行くとか、他に方法あるよね?」「そもそも8年前のことを、今さら蒸し返すってどうなの」と、厳しい意見が相次いで寄せられた。

 それを受けてか、角田は26日にオフィシャルブログ『ウェルエイジング日記』を突如リニューアル。この日更新されたエントリーには「リニューアルに伴い、メッセージ・コメントは当ブログでは受け付けておりませんので、ご了承下さい」と書かれ、ブログは読者からコメントができないように変更されていた。

 松本人志は角田信朗に対して「全然怒っていない」とも発言している。角田が“芸能界での信頼”を取り戻し、再び二人の共演が見られる日は来るのだろうか。

角田信朗「ダウンタウン松本人志らへの謝罪文」に、またも批判殺到

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.