日刊大衆TOP 娯楽

いまパチンコで「ド派手な出玉が味わえる台」教えます!【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第53回 今、3万発を狙うなら

 大当たり確率が約400分の1の「MAX機」が、全国のホールから姿を消してから早一か月。撤去前は「本当になくなるのだろうか?」と、実感がわかなかったものですが、本当になくなってしまいましたね。

 ホールに行って、「あ! もしかして何かの間違いで、MAXの『牙狼 魔戒ノ花』が残ってる!?」なんて、少し高揚しながらシマに向かい、台をよく見ると『ANOTHER~』とか『BEAST OF GOLD』と書いてあって肩を落としてしまう……なんて方、いませんか? 私だけかなぁ(笑)。どちらも『牙狼』の「新基準機」版で、MAX機ではありません。分かっちゃいるけど、筐体が一緒なだけに、ちょっと期待しちゃうんですよね~。

 別れた恋人同様に、MAX機もまた、なくなってしまうとよけいに恋しくなってしまうもの。ここ最近、パチンコライターが集まるとよく「最近のパチンコ台は出ないよね~」という話題になります。負け続けているわけではないのですが、MAX機が規制されてしまった今、当然ハイリスクハイリターンな台は減り、「一撃5万発」というようなド派手な出玉は期待できなくなってしまいました。

 もちろんその代わり、悲惨な大負けを喫することも減り、この連載で訴えている「堅く勝てる」台が増えたとは思いますが、やっぱりパチンカーたるもの「大勝ち」したい気持ちを抑えることなど、とうてい不可能ですよね!

 手堅いスペックの台が増えたとはいえ、実は大勝ちが狙える台がなくなったわけではありません。ツボにはまれば“一撃○万発”も夢じゃない、そんな台もまだまだ存在しているのです。そこで今回は、現在のホールで「大勝ち」が狙える台をご紹介しましょう。今「3万発出してみろ!」といわれたら、私が打つのはこいつらだ~!

 まず1台目は『CR花の慶次X~雲のかなたに~』です。

CR花の慶次X~雲のかなたに~(ニューギン)
CR花の慶次X~雲のかなたに~(ニューギン)
◆大当たり確率:約1/319.6
→確変時:約1/137.6
◆確変突入率:約50%
◆確変継続率:65%
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990 版権許諾証YSD-338

 この機種で「大勝ち」への要となるのが、16ラウンド大当たりです。これ、なんと約2400発もの出玉を獲得することが可能なんですよ! 約2400発といわれてもピンとこないかもしれませんが、等価交換店ならば約1万円もの価値になります。

 しかもこの機種は、連チャン中の大当たりの50%が16ラウンド。これがかなりデカいんです! 約2400発の出玉を獲得できる機種は他にもいくつかありますが、割合が少ないため射止めるのが難しかったり、確変継続率が低かったりで、なかなか大勝ちにはつながらないことも多いんです。

 本機も、初当たり時の確変突入率が約50%で、確変継続率は65%。新基準機での上限とはいえ、MAX機に比べると我々パチンカーにとってはまだもの足りなさを感じる数値ではあります。しかしこの台の場合、「時短」が大爆発をアシストしてくれる一面を持つのです。

 初当たりで確変大当たりを引けなかったとしても、100回転の時短に突入します。この時短中に再び大当たりを引くことができれば必ず確変に突入(※電チュー入賞時のみ)しますし、確変が終わった後にも100回転の時短がつきます。そして、時短中の大当たりも含めた継続率は約74%。これだけあれば、なんとかヤれそうな気がしてきますよね!

 お次の大勝ち台は『CRぱちんこ GANTZ』です!

CRぱちんこ GANTZ(OK!!)
CRぱちんこ GANTZ(OK!!)
◆大当たり確率:1/319.7
→確変時:1/75.3
◆確変突入率:65%
(C)奥浩哉/集英社 (C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会 (C)OK!!

 え~っと、個人的に今一番ハマっている台です(笑)。実はシステムがかなり複雑で、説明すればかなり長~くなってしまうのですが、大量出玉を生み出す起爆剤となるのは、とにもかくにも「超GANTZ BOUNS」と呼ばれる「16ラウンド+EXTRA」の大当たり。前述の『花の慶次』同様、約2400発の出玉を獲得することができる大当たりなのですが、ご注目いただきたいのは、その後に突入する「EXTRA」! これが他の機種とは一線を画す、超画期的かつ夢が詰まった素敵なシステムなんですよ。

「EXTRA」とは「小当たりラッシュ」と呼ばれる状態のことを指していて、EXTRA中は、アタッカーがほんの短い間だけ解放する「小当たり」を繰り返すことで、コツコツと出玉を獲得し続けることができます。そして「小当たり」の抽選は、次の大当たりを引くまで継続するのです。

「小当たりと大当たりって何が違うんだよ……ワケ分かんないよ!」と困惑していらっしゃる方が多いかもしれませんよね(汗)。ならば、難しいことは一切忘れてください。「超GANTZ BOUNS」を獲得した後は“ハマればハマるほど出玉が増える”、これだけでOK! 

 だいたい平均すると、1回転あたり約10個の出玉を獲得することが可能なので、確変中、次の大当たりを引くまでに100回転ハマれば、約1000発の出玉を獲得できます。ありえないことではありますが、1000回転ハマればそれだけで1万発。大当たりを引いていないのにですよ? これって超すごくないですか!? 

 先日、この台をチラッと打ったのですが、3時間の実戦で2連・3連・3連と、初当たりは軽く引けるもののショボ連を繰り返すという、よくある残念パターンを食らいました。他の機種なら、だいたいこういう展開のときは、初当たりのヒキを生かせず無念のマイナス収支か、勝ってもショボ勝ちが関の山。

 しかし『GANTZ』は違いました。「超GANTZ BOUNS」を2回引いたおかげか、結果は1万発オーバーの快勝! 確変中の最高ハマリは150回転くらいだったので、まだ確変中の“大ハマリ”は経験できていませんが、「大勝ち」は十分に狙える機種であることは確信しましたね。

 そしてラストを飾るのは、何といっても『CRF.タイガーマスク3-ONLY ONE-』!

CRF.タイガーマスク3-ONLY ONE-(SANKYO)
CRF.タイガーマスク3-ONLY ONE-(SANKYO)
◆大当たり確率:約1/256
→確変時:約1/1
◆タイガーラッシュ突入率:50%
◆タイガーラッシュ継続率:98.8%
(C)梶原一騎・辻なおき/講談社 (C)梶原一騎・辻なおき/講談社・東映アニメーション 「TIGER MASK -シャドウ・オブ・ジャスティス-」 (C)梶原一騎・辻なおき・小林且典・長田悠幸/講談社

 昨年末あたりは、MAX機の打ち納めをそっちのけにして、この機種を打ちまくったなぁ(笑)。最近台数が減りぎみではありますが、やはり今のパチンコで爆発力を語るうえではハズせない一台でしょう。“ONLY ONE”の名の通り、他に類を見ない、というか、同様のスペックの台は今後不可能ともいわれているほど。

『GANTZ』以上に複雑なスペックなので、システムを説明するとまたまた長~くなってしまうのですが、シンプルに言えば「継続率98.8%」が本機の最大にして最高の魅力です! 連チャンモード「タイガーラッシュ」の継続率が98.8%ですよ? 一生終わらないんじゃないかって思いません!? 

 一回あたりの大当たり出玉は少ないものの、継続率約99%の爆発力はバツグンです。実際、1000連チャンを達成したなんて話を耳にしたことがありますし、ホールの履歴でも一撃5万発を何度か目にしたことがあります。「一撃5万発」が夢の数値になってきている最近のパチンコですが、『タイガーマスク3』(と『真・北斗無双』)だけは、それを達成できるポテンシャルを秘めている台といえるのではないでしょうか。

 当の私はと言えば、あれほど好んで打っていたにもかかわらず、最高連チャンは約180連。トータルすればおそらく20万ほど負けています(涙)。パチンコも光があれば陰がある。いつかは光の側を体験したいものですね。

 いかがでしたでしょうか? 新基準機がホールの主軸になり、出玉感にもの足りなさを感じていた方もきっと多いはず。そんな方々の参考になれば、これ幸いでございます。堅い勝利も大切ですが、パチンコには夢もないとねっ! それでは、GOOD LUCK!!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

いまパチンコで「ド派手な出玉が味わえる台」教えます!【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.