日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ店で本当にあった「過激すぎる出玉サービス」とは 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第41回 パチンコホールの「過激サービス」こんな店があったとは!

 パチンコ台の釘に玉が引っかかると、以前なら店員さんが手で取ってヘソチャッカーに入れてくれましたが、最近は「オマケ穴」に入れるだけの店が増えました。中には引っかかっていた玉を上皿に戻して終わりの店も……。時の流れを感じるポンコツパチプロのアンドレです。

 時代は変われど、パチンコで永遠のテーマといえば「店選び」です。近年、わしは打ちたい機種、得意な機種があるかどうかで店を選ぶことが増えました。最近は新台入替のペースが早く、打ったことのない機種には手を出しづらいからです。

 以前は「出す店」を見つけさえすれば、後は楽に勝てました。ガンガン回る台なら粘るだけで必ず勝てるので、機種の好みは二の次。儲かるならどんな台でも良かったのです。

 しかし世の中の不景気が長引くにつれ、あるいはパチプロが増えすぎたせいなのか、そんな店はもうすっかり見かけなくなりました。インターネットの普及も大きいです。出す店の情報はすぐさま拡散され、プロも素人も関係なく押し寄せては、食い尽くして去っていきます。

 今のパチンコホールの独自サービスといえば「クルマの洗車」「自転車磨き」「肩もみマッサージ」「お菓子やヤクルトを配る」あたりでしょうか。出玉系のサービスは行うことも、宣伝することも禁止なので仕方ありませんのう。

 しかし、今では考えられないような「出玉の過激サービス」で、ホールが競い合っていた時代がほんの十数年前まではあったのです。今回はそんな思い出に残るパチンコホールを挙げてみたいと思います。

 かつて『綱取物語』という人気台がありました。『綱取物語』は連チャン型のデジパチですが、今の確変パチンコ台とは仕組みがまったく異なっています。この台では、大当たりを引くたびに「通常モード」と「ガンガン当たりまくる天国モード」そして「めったに当たらない地獄モード」のどれかへ切り替わるのです。連チャンは魅力的でしたが、もし地獄モードに転落してしまうと、そこからはほぼ当たらなくなるので、まさにガチの地獄状態(笑)。

 そんな仕組みなので、夕方には地獄モードから抜け出せない台だらけなってしまい、もう誰も座りません。そこで登場したのが「停電サービス」です。

 ある店では、午後3時くらいになると「間もなく綱取物語コーナーが停電する予定です。皆さんお集まりください!」と怪しげな店内放送が……。やがて満席になると「おーっと、停電になってしまいました。それでは今から電源を復旧します。3、2、1、スイッチオーン!」

 もちろん営業中、意図的に台の状態をリセットするのはNG行為。思わず吹き出してしまうほどの“茶番”ですが、電源を切ってリセットすると通常モードに復帰するので、また新たに連チャンが狙えるのです。客にも店にもメリットがある毎日の恒例行事でした。

 電源のオンオフといえば、新装開店でもユニークで過激なサービスを体験したことがあります。

 開店1時間前に入場開始、客は好きな台を選びます。わしは『ワイドミルキー』という台に座りました。当時の主流スペックである確変継続率50%の、なんの変哲もない平凡なデジパチです。座ってみると、開店前のせいかどの台も電源は落とされたまま。ところが、開店時刻とともに電源が入ると、なぜかわしを含めた数人の台だけが、いきなり確変状態の画面になってます。

 店員さんにそのことを告げると「そのままどうぞ!」。たった500円でタップリ勝てて、何ともラッキーすぎるサービスでした。事前に一部の台を確変状態になるまで打って“仕込んでいた”んですのう。その一部の台を、ロシアンルーレットのような強運で偶然にも引けたのです。

 逆に、自力でコツコツと獲得できる過激サービスを行っているパチンコ店もありました。

 ラーメンを食べるとスタンプを1個もらえて全部貯まれば1杯無料、みたいなサービスはよくありますよね。それと同じようなサービスをしているホールがあったんです。パチンコ台で当たりを引くとスタンプ1個。それを50個集めると、ふだんは「故障中」の札が刺さっている「謎のハネモノ台」を打たせてもらえます。

 あまり行かない店でしたが、1年かけてようやくスタンプ50個達成。「謎の台」にようやく座れましたが、盤面を見てビックリ。ゲームセンター以上のガバガバ釘です。さっそくお金を入れようとしたら、店員に制止され、なんとひとつかみ分の玉をサービスで上皿に入れてくれました。

 打ち始めると、当たってもいないのに玉が下皿からドンドンあふれてきます。打った玉のほとんどがどこかしらのオマケ穴に入るので、勝手に増えるのです。大当たりは1~2回引いただけですが、数分足らずでドル箱2つ満タンの打ち止めに。1円も使わずに大勝ちです。

 これらの破天荒なサービスは、今のホールではさすがにもう不可能ですが、あの手この手で営業努力しているパチンコ店は今でもあります。台だけではなく、店内の貼り紙なども要チェックですよ!

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコ店で本当にあった「過激すぎる出玉サービス」とは 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.