日刊大衆TOP 芸能

木村拓哉『A LIFE~愛しき人~』、裏番組『相棒』相手に視聴率回復!

木村拓哉『A LIFE~愛しき人~』、裏番組『相棒』相手に視聴率回復!

 元SMAPの木村拓哉(44)が主演を務めるドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の第5話が2月12日に放送され、平均視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。前回から1.6%アップという数字に、世間から「さすがキムタク」と称賛が上がっている。

「『A LIFE』の視聴率は、初回が14.2%、第2話が14.7%と出だしは好調だったのですが、第3話では13.9%、第4話ではさらに12.3%と徐々に数字を落としていました。第5話もこのまま下がるのではと心配されていたんですが、見事に回復。浅野忠信(43)や及川光博(47)など、実力派キャストが作り出す硬派な作風が、ようやく視聴者にも認められ始めたのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 今回の視聴率のV字回復には、ネットからも「爆上げキター!」「やっぱりキムタクの底力すごいね」「このご時世に二桁維持してるだけでもすごいのに、さすが木村拓哉」と称賛コメントが続出。また、「裏で『相棒』の映画やってたのにやるな」「『相棒』の裏で数字戻すのはすごいと思う」といった評価も上がっていた。

「日曜の同時間帯は、フジテレビ系ではドラマ『大貧乏』が放送されていますが、こちらは初回から7.7%と一桁スタートで、その後も5%に届くかどうかといったところ。注目されたのは、12日の同時間帯にテレビ朝日系で放送された『相棒-劇場版-』です。しかし、こちらは12.6%に終わりまして、この日の視聴率対決は『A LIFE』が見事制したかたちですね」(前出のテレビ誌ライター)

『A LIFE』は視聴者からの評価が高く、このドラマのファンだという爆笑問題の太田光(51)は、2月7日に放送された『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で「木村拓哉のドラマって何がすごいって、役者の気合いの入り方が違うんだよ」「あれは座長の持ってるパワーだね」と絶賛していた。

 木村拓哉の演技が光る『A LIFE~愛しき人~』。今回の視聴率回復が一時的なものかどうか、それはドラマ後半戦の木村拓哉の熱演にかかっているだろう。

木村拓哉『A LIFE~愛しき人~』、裏番組『相棒』相手に視聴率回復!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.