日刊大衆TOP 娯楽

【G2中山記念】潜在能力はG1級!ディープインパクト産駒のアンビシャス「阿部幸太郎 オレの美味予想」

[週刊大衆2017年03月06日号]

 春の中山開幕を告げる「中山記念」。昨年は大器ドゥラメンテが優勝。今年も大物リアルスティールが参戦。JC以来ですが、ポン駆けに定評があります。

 これにアメリカ、香港で存在感を見せつけたヌーヴォレコルト。2年前の中山記念馬です。同じく香港帰りのロゴタイプ。そして、昨夏に本格化のネオリアリズム。

 注目は、アンビシャスです。昨秋の天皇賞(4着)以来ですが、昨年の中山記念ではクビ差2着。当時も天皇賞・秋以来。潜在能力はG1級。休養明けの毎日王冠2着と、芝1800メートルの適性はバッチリ。妙味は久々の今回です。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

【G2中山記念】潜在能力はG1級!ディープインパクト産駒のアンビシャス「阿部幸太郎 オレの美味予想」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.