日刊大衆TOP 芸能

鹿賀丈史「役者は、いい作品に出会うことで成長するんです」継続する人間力

[週刊大衆2017年02月27日号]

止まらないキスの秘密
http://www.lovecosmetic.net/
「もう何度したのか覚えていない」

鹿賀丈史「役者は、いい作品に出会うことで成長するんです」継続する人間力

 僕は今年で、67歳になったんですが、年をとると経験も増えて、演技がどんどんうまくなっていくと思われがちなんですが、そんなことはないんですよ。当然、肉体的に衰えてきますし、瞬発力も鈍くなったりします。若い時はできた役ができなくなっていくんです。今回、出演させていただいた映画『相棒』の時も、役自体は僕より、年上の設定だったので。“老人メイクしますか?”と監督に聞いたら、“いやっ、大丈夫です”なんて言われてしまいました(笑)。

 そんな時に大事なことが、妄想をすることだと思うんです。若い時って、“あれもやりたい、これもやってみたい”って色々な思いがあったのに、年をとってくると、“自分ってこんなもんかな”って思ってしまいがちですよね。

 でも、“もっと、こんなことをしてみたいな”“こんなことができたら、いいな”って思っていると、自然と、そうなるように努力していたり、そういう仕事がやってきたりするんですよ。僕は趣味が特にないので、休みの日は、次の作品の台本を読んだり、ゴロゴロしながら、色々と妄想していますね。役者という仕事を45年も、続けてこられたのは、そのおかげかもしれませんね。

 あとは、人や作品との出会いに恵まれたっていうことも、大きかったですね。劇団四季に偶然入って、研究所2年生の時に、『ジーザス・クライスト=スーパースター』というミュージカルの主役としてデビューできた。ラッキーな出発でした。

 29歳の時、劇団を辞めてからも、松田優作さんと『野獣死すべし』という映画をやったり、37歳から舞台『レ・ミゼラブル』を20年近くやらせてもらった。運のいい俳優というか、いい出会いがあって、今日に至っていると思いますね。

 やっぱり、いい作品に出会うことで、役者として成長するんですよね。いい作品っていうのは役者に、考える、想像する、作り上げていくという作業を強要してきますから。それだけ、体力、技術、気力が必要とされます。そのためにも、日ごろから自分を鍛えておかないとダメ。

次ページ >> 舞台だけやっていたら、どこかで煮詰まってたかも

鹿賀丈史「役者は、いい作品に出会うことで成長するんです」継続する人間力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


  • 「もう何度したのか覚えていない」彼を豹…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.