日刊大衆TOP 女性向け

年の差結婚も夢じゃない! 超年下彼女ができた「10の共通点」

[ヴィーナス2017年02月01日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

年の差結婚も夢じゃない! 超年下彼女ができた「10の共通点」

 恋愛事情に詳しいライターが次のように話す。「昨今は“年の差カップル”が増えており、20歳ほど年下の彼女がいる中年男性も実は少なくない。今の若い女性も同世代より、父親ほど年齢差のある男性に惹かれる傾向があります」

 ならば、アラフォー独身記者にもチャンスがあるはずと、本誌はオジサンでも若くて可愛い彼女をゲットできる方法を徹底取材。年上の彼氏を持つ女性たちに話を聞いたところ、まず話に出てきたのが(1)仕事熱心であることが重要だというのだ。

「基本的に、今の彼(40)は仕事の話を滅多にしません。私といるときは、私の話を聞いてくれるので。でも、たま~に、楽しそうに今やっている仕事を熱く語りだすんです。その姿が頼もしいんだけど、無邪気で可愛くも思えて(笑)。私の周りの同世代の男の子って、そういう部分がないんです。真剣に仕事するなんて格好悪いと思っているみたい」(26・サービス業)

 仕事を頑張る姿を見せる以外にも、話を聞いていくと、他にもいくつかの共通点が浮かび上がってきた。現在21歳で、デパートの紳士服売り場に勤める里奈ちゃん(仮名=以下同)の話。身長170センチのスラリとした長身美女である。

 そんな彼女は半年前から、41歳の男性と交際中だ。「うちの店の常連さんだったんです。私も何度か接客したことがあって、明るくて物腰の柔らかい紳士って感じでした」

 デートに誘われたのも接客の際で、「今度良かったら、食事でもどうかな?」と、そっと耳元で囁かれたという。「大胆なんだけどスマート(笑)。無理なら構わないって雰囲気もあって、なんだか安心できたんですよね。そのときは“じゃ、そのうちに”と軽く流しましたが、1か月後ぐらいに来店されたときも、同じように誘ってくれたので、うれしかったですね」(前同)

 二度目のお誘いによって、彼女は“冷やかし”ではないと実感したという。「オジサンって照れくさいのか、冗談半分で誘ってくるじゃないですか。アレはイヤ。あわよくば……みたいな姿勢が見えて」(同)

 相手が若い女性なら、なおさら。オジサンはフラれることを恐れてか、中途半端な誘い方をしてしまうもの。これがよくないようだ。

次ページ >> 女子大生が魅力を感じるおじさんは…

年の差結婚も夢じゃない! 超年下彼女ができた「10の共通点」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.