日刊大衆TOP 芸能

佐藤健『仮面ライダー電王』イベントの「生電話」に、ファン歓喜!

佐藤健『仮面ライダー電王』イベントの「生電話」に、ファン歓喜!

 2007年に放送された『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)の10周年を記念し、2月23日、『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』のトークショーつき上映イベントが行われた。このイベントに、主人公・野上良太郎を演じた俳優の佐藤健(27)が電話でサプライズ出演し、ファンの間で大きな話題となっている。

「この日のイベントでは、『電王』で仮面ライダーゼロノスを演じていた中村優一(29)と、仮面ライダー電王を演じた佐藤健の、生電話が披露されたんです。佐藤本人はイベントに参加したかったようで、“大きな声で言いたい、呼んでよ”“皆が登壇するって1週間ぐらい前に知って、僕もとても行きたかった”と残念そうに話していました。そんな佐藤の言葉に感激したのか、中村は電話中に涙ぐむ姿を見せてましたし、共演者の松本若菜(33)と秋山莉奈(31)も涙を流していましたね」(芸能ライター)

 多くのメディアが伝えたこの日のイベント。佐藤のサプライズ電話に、ファンも感動したようだ。ツイッターでは「特撮やってたことを黒歴史にしてないのが素晴らしい!」「電王好きとして佐藤健の言葉は本当にうれしい」「電王ファンはずっと待ってたよ!」「健くんが本当にこれに出たかったのがひしひし伝わってきて私まで泣きそう」「中村くんと健くんが仲良くしてくれるの見るだけで電王ファン大感動ですよ」といった声が続出した。

 かつては、人気俳優が過去の特撮作品出演を隠す傾向が強かったが、最近では佐藤のように、自身が出演していた特撮作品への思い入れを語る場面が増えている。『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)に出演した松坂桃李(28)は、今年1月に出演した『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、ノリノリで変身ポーズを披露。また『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で俳優デビューを果たした菅田将暉(24)も、2016年1月に出演した『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、監督から「君ら次第で長い仮面ライダーの歴史が終わるかもしれないんだよ」とハッパをかけられたことを明かし、「いまだに忘れられない」とハイテンションで語り、特撮ファンを喜ばせた。

『仮面ライダー電王』のファンからすれば、たまらなくうれしい今回のニュース。できれば電話ではなく、佐藤健が直接ファンに語る姿も見たいところだ。

佐藤健『仮面ライダー電王』イベントの「生電話」に、ファン歓喜!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.