日刊大衆TOP 社会

金正恩暗殺も!? アメリカ・中国・ロシアの「北朝鮮統治計画」

[週刊大衆2017年03月13日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

金正恩暗殺も!? アメリカ・中国・ロシアの「北朝鮮統治計画」

 異母兄を無残に殺し、国際社会から孤立を深める独裁者。暴走の果てに待ち受けるのは死かそれとも……!?

 朝鮮半島がキナ臭い。「金正恩労働党委員長(33)の異母兄・金正男氏(45)が殺されたことで、北朝鮮を取り巻く状況が激変しています」(全国紙国際部記者)

 まずは中国が、2月19日から今年いっぱい、北朝鮮からの石炭輸入を停止すると発表。「弾道ミサイル発射に対する国連の制裁決議に基づくとしながらも事実上、金正男殺害に対する報復という意味合いを帯びています」と言うのは、『金正日の遺言』などの著書がある国際アナリストの井野誠一氏だ。

「中国は金正男らの身辺の安全を保障するよう、北朝鮮に要請していましたが、それが無視される結果となりました。習近平はじめ中国指導者層が、金正恩への不満を、かつてないほどに募らせていることは確かです。現在、中国はあらゆるルートを通じて、正男氏の遺体を遺族に戻そうとしているようです。中国はメンツにかけて、一歩も引かない姿勢でマレーシア側に働きかけているとのことです」(前同)

 というのも、正男氏は中国にとって重要なカードだったからだ。拓殖大客員研究員で元韓国国防省北朝鮮情報分析官の高永喆(コヨンチョル)氏は、次のように語る。「中国はこれまで、金正恩は生意気でワガママなボンボンだと思い、彼が失脚したら、親中国である正男氏を新指導者として担ごうと、保護してきたんです」

 だが、正男氏殺害により、そうした目論見は完全に崩れ去ってしまった。「この状況をチャンスと見ているのがアメリカ。毎年3~4月は米韓連合軍合同訓練がスタートし、あらゆる戦略兵器が朝鮮半島に集まりますが、この際、金正恩の暗殺作戦を実行する可能性が高いのです」(前同)

 中朝関係が最悪の今なら、中国からも文句は出まいという腹づもりなのだ。「アメリカ、中国、韓国とも、北朝鮮の体制転換をしたいという目的は一致しています。リベラルな指導者を擁立し、現在の中国のような、改革開放路線の北朝鮮に生まれ変わらせるのです」(同)

 米韓にしてみれば、たとえ中国式の民主化であっても、いつ核ミサイルを発射するか分からないような独裁国家よりは、はるかにマシというわけだ。「アメリカと中国が水面下で交渉できていれば、“金正恩暗殺は暗黙の了解とする”と密約している可能性もあります」(同)

次ページ >> 北朝鮮の軍事力は世界第4位!兵器増強を急ぐ理由

金正恩暗殺も!? アメリカ・中国・ロシアの「北朝鮮統治計画」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.