日刊大衆TOP 芸能

奥田瑛二の「ハマりっぷり」が怖い!? ミッキーマウスへの深すぎる愛情

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

奥田瑛二の「ハマりっぷり」が怖い!? ミッキーマウスへの深すぎる愛情

 3月2日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、俳優の奥田瑛二(66)が出演。ミッキーマウスに対する特別な感情を、タレントのマツコ・デラックス(44)と語り合い、ナインティナインの矢部浩之(45)らを、驚かせる場面が見られた。

 この日、奥田は「ミッキーマウスを見ると号泣しちゃう男」と紹介されて登場。泣いてしまう理由について聞かれた奥田は、「これはね、理屈がないんですよ。(ミッキーが)何百メートル向こうにいようが、フッと目に入るともうグーッと熱くなって、目頭が“ウウウゥ”って」と、理由なく泣いてしまうと説明。さらに「感動とは違う、喜びに似ているか、辞書にはないような、そういうこと(感情)」「(人形やアニメーションでは)ならない。本人を見ると(泣く)」とミッキーマウスに対する感情を、身ぶり手ぶりを交えて熱く語ったところ、マツコが「私、ちょっと分かる」と同意した。

 マツコが「ああいうの、あんまり興味がない人間なんだけど、初めてロケでミッキーと絡んだときに、私、“ミッキー先生”って言っちゃったんだよね。彼の存在は、もしかしたら神に近いのかもしんない」と語ると、奥田も身を乗り出して、「それに似てます」と、真顔でうなずいていた。また、奥田が「デズニーランド」と言ったことを、矢部が「ディズニーランドですよね?」と訂正したところ、奥田とマツコは「それはないですね。デズニーランドです」と反論。その理由について、マツコは「日本にディズニーなんてものがなかったときの、デズニーのミッキーさんなんですよ。だからデズニーなのよ」と矢部に説明し、「私、なんでこんな分かってんだろう」と自分にツッコミを入れていた。

 奥田はさらにミッキーマウスを「ミキさん」と呼んでいると明かし、「たとえようがない。神に近いというお話が今あったんだけど、世界にミキさんは一人しかいないじゃないですか。だからパリにいたら日本にはいないし、アメリカにいたら、パリや日本、中国にはいない。そういうことがね、やっぱりすごいなって思うわけ。時空を飛び交うんだね。タイムワープしてね」と、自論を展開。その真剣な表情に矢部は、言葉を失っていた。

「ディズニー好きを公言する芸能人はたくさんいますが、奥田瑛二はその中でも、かなりハマっているようですね。最近はバラエティ番組で、過去の火遊びについて語って、話題になっていますが、今度はミッキー絡みでの出演オファーが増えるかもしれませんね」(芸能誌記者)――名優をここまでハマらせるとは……恐るべし、ミッキーの魅力!

奥田瑛二の「ハマりっぷり」が怖い!? ミッキーマウスへの深すぎる愛情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.