日刊大衆TOP 社会

安倍晋三“最強内閣”を揺るがす「5つの爆弾」

[週刊大衆2017年03月20日号]

特別な香り
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

安倍晋三“最強内閣”を揺るがす「5つの爆弾」

 順風満帆と思われた一強政権にもいくつもの綻びがあった。驕りや過信から、それらを見落とすと、やがて、すべてが崩壊していく!?

 2月27日、一般会計の総額が97兆4547億円となる過去最大の予算案が、戦後2番目の早さで衆院を通過した。「民進党は“天下りと引き換えのバラマキがないか、検証しないと同意できない”と粘りましたが、結局、数の力で押し切られる結果に。まさに、“一強”と呼ばれる安倍晋三首相の面目躍如です」(首相番記者)

 順風満帆そのもの、史上最長の在任期間も狙える――と思われた安倍首相だが、ここへきて、その足元を揺るがしかねない“爆弾”の存在が明らかになった。「大阪市の学校法人・森友学園に、国有地が不自然な形で払い下げられていたことが発覚したんです」(全国紙政治部記者)

 森友学園が運営する「瑞穂の國記念小學院」開校のために払い下げを受けた大阪府豊中市の土地8770平方メートルの価格を、国の機関である近畿財務局が非公開にしていたことが、その発端だ。

「公表が原則のものですから、地元の豊中市議が非開示決定の取り消しを求め、国はようやく開示。その価格を見て、国が公表を渋っていた理由が分かりました。“投げ売り”とも言うべき安さだったんです」(在阪テレビ局記者)

 不動産鑑定士の評価額は9億5600万円だが、地中のゴミ撤去費(8億1900万円)を差し引き、約1億3400万円で売却していたのだ。「ゴミ撤去費が8億円以上というのも驚きですが、さらに、国は汚染土除去費用として1億3176万円を支払ったとの指摘もある。それが事実なら、学園側は、約10億円の土地を実質200万円で買ったことになります」(前同)

 なんとも由々しき話だが、これがなぜ安倍首相に関係してくるのか? 「なんと、この疑惑まみれの土地にできる小学校の名誉校長に、首相の妻である昭恵夫人が就いていたこと、そして、小学校開設の寄付金集めが“安倍晋三記念小学校”の名で行われていたことが判明しているんです」(前出の政治部記者)

 一国の首相の名前が冠についている以上、その小学校開設――すなわち、不透明な土地取引のために、首相が便宜を図ったと思われても不思議ではない。「安倍首相は勝手に名前を使われたといって学園側に抗議したようですが、それですむ話ではありませんよ」(野党議員)

次ページ >> 森友学園は特殊な“教育方針”を掲げて…

安倍晋三“最強内閣”を揺るがす「5つの爆弾」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.