日刊大衆TOP 芸能

GACKT、西野カナ、AKB48…「卒業式にサプライズ登場」したアーティストたち

GACKT、西野カナ、AKB48…「卒業式にサプライズ登場」したアーティストたち

 今年もやってくる卒業式の季節。もう戻れない青春時代の思い出に涙を流す人もいれば、これからの新生活に期待を抱く人もいるはず。そんな記念すべき門出の日を、芸能人がサプライズで訪れて祝ってくれたらこの上ない幸せだろう。

 2006年、ミュージシャンのGACKT(43)は、兵庫県の高校の卒業式をサプライズ訪問。卒業生、在校生の前で当時未発表だった名曲『野に咲く花のように』を披露して大きな感動を呼んだ。それ以来GACKTは、毎年のようにどこかの卒業式に現れるように。GACKTが卒業式をサプライズ訪問するようになったのは、阪神淡路大震災で被災した高校生がラジオ番組に送った、ある一通の手紙がきっかけだったと自身のブログで明かしている。

 ブログによると、手紙を送ってきたのは神戸に住む高校生。震災後に新設された「環境防災科」という学部に通っているが、定員割れで学科がなくなるおそれがあるため、応援してほしいといった内容がつづられていたという。GACKTは「自分が応援するのは構わないが、一時的に人気が戻ってもまたすぐに定員割れを起こしてしまうだろう」(GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載/以下同)とあえて厳しく突き放し、「とにかく動け。もし、オマエたちの頑張りで、翌年の新入生の定員をオーバーすることがあれば、ボクがオマエの卒業式に花を添えてやる」とラジオを通じて約束したという。

 その後、彼を中心に活動したアピールが実り、実際にその学科は定員を大きく超える志望者を集めることに成功。GACKTはその結果を聞いて驚き、彼との約束を果たすために内密で学校と連絡を取り合ってサプライズ訪問を実現させた。GACKTは「“特別な瞬間”に大きな感動という形で彼らの背中を押すことが出来れば、きっとその中の誰かがいずれ10年後20年後に、また新たな若者達の背中を押せるような人物になってくれるんじゃないのか……。」と、卒業式に参加する理由についてブログ上で説明している。

 また、平成生まれの女性ソロ歌手として初のレコード大賞を受賞した西野カナ(27)も、サプライズで卒業式を訪れたことがある。

 2010年に埼玉県の中学校の卒業式で西野はサプライズライブを行い、『Best Friend』などの4曲を披露、191人の卒業生を送りだした。このサプライズライブは、NTTドコモが立ち上げた受験生応援プロジェクトのウェブサイトに書き込まれた、同中学校有志による「卒業生を応援したい」という熱いメッセージによって実現したもの。ライブ後には、西野から卒業生代表に卒業証書を授与する場面もあった。

 さらに、国民的アイドルグループAKB48も卒業式でライブを行ったことがある。このサプライズ訪問は、2016年3月に放送された『FNSうたの春まつり』(フジテレビ系)によって実現したもの。同番組のホームページで「卒業式にアーティストのサプライズ登場を希望する学校」を募集したところ、6000を超える学校からの応募があり、神奈川県の女子高が見事選ばれた。AKBは、代表曲『恋するフォーチュンクッキー』や、新しい門出を祝う『365日の紙飛行機』といった楽曲を披露して盛り上がりを見せた。

 そして最後に紹介するのは、2012年に活動休止を発表したロックバンド、レミオロメン。2007年3月9日に、東京の調布にある女子高の卒業式へサプライズ登場。現在では卒業ソングの定番となった『3月9日』を含む3曲を披露し、中には号泣する生徒もいたという。

 一生忘れられない思い出となる卒業式。芸能人が登場すれば、さらにステキな思い出として記憶に残ることは間違いないだろう。

GACKT、西野カナ、AKB48…「卒業式にサプライズ登場」したアーティストたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.