日刊大衆TOP 芸能

ヒロミ、トレンディエンジェル斎藤司を「消えそうな芸人1位」に選んだ理由とは?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ヒロミ、トレンディエンジェル斎藤司を「消えそうな芸人1位」に選んだ理由とは?

 3月11日放送の『お客様と10人』(フジテレビ系)に、お笑いタレントのヒロミ(52)が出演。ヒロミが“消えそうな人気芸人ランキング”の1位に、トレンディエンジェルの斎藤司(38)を選び、本人を落ち込ませる場面があった。

 この日、ヒロミは“一度消えた芸能人と10人”というコーナーで登場。39歳から49歳までの10年間、テレビから遠ざかっていた理由について、「月収6000万円(レギュラー10本)を超えて天狗」「出演者らスタッフにパワハラ」と紹介されると、ヒロミは「全部、本当ですね」と、笑いながら全面的に認めていた。

 次いで、カンニング竹山(45)提案の企画、“10人の消えそうランキング”で、ヒロミがこの日、出演したお笑いタレントたちをランクづけすることになった。その結果は9位が千原ジュニア(42)、8位がハライチの澤部佑(30)、7位がアンジャッシュの渡部健(44)、6位が竹山、5位が劇団ひとり(40)、4位がドランクドラゴンの塚地武雅(45)、3位がオードリーの春日俊彰(38)、2位がビビる大木(42)となり、ヒロミは「2位までは消えると思っていないよ。1位は消えると思うね」と、コメントした。そして、最も消えそうにない10位に、博多華丸・大吉の博多大吉(46)を選び、ヒロミは「俺は好きな人だから。1番(最初)に、なんか(司会から)聞かれても、10番目に聞かれても、同じだけ笑い取れる」と絶賛。大吉は「今はさすがに笑い取れないです」と言いながらも、「これはうれしい。ありがとうございます」と、うれしそうな表情を見せていた。

 そんな中、1位に選んだのは斎藤だった。これについてヒロミは「“斎藤さんだぞ”っていうのは好きなのね。なんだけど、最近見てるとそれが雑なのね。雑なのか飽きちゃってるのか。斎藤さんが一番、“斎藤さん”に飽きちゃってるんじゃないのか」と分析。これを聞いた斎藤は、「少しでも脱“ペ!”と、脱“斎藤さんだぞ”というか、ちょっとでも別のことやらなきゃなっていう思いから、一発屋の人はみんな、あるじゃないですか、焦りは。だから脱却したくて」と、今やっているネタから脱却したいという思いから、雑になっているかもしれないと説明していた。

 これを聞いたヒロミは、自分が休んでいるときに「ワイルドだろぉ?」が大ブームとなったスギちゃん(43)を例に出し、最近、定番のネタをやらなくなったことについて、「“〇〇やらねぇぜぇ~”って言いながらやってたらウケるし、自分も楽しくなるし。でも、あいつは一番、自分が飽きちゃってるから言わないじゃん」と言い、続けて「斎藤さんにはそうなってほしくない」「見ている人は絶対、見たいんだもん。キレのいい斎藤さんとか」と、斎藤に今の持ちネタをやり続けるようアドバイスしていた。

「ヒロミはテレビに出ていなかった10年間、お笑い番組を見ながらツッコミを入れていたと語っていましたが、確かに視聴者目線に立った、鋭い指摘ですね。斎藤は先日、テレビ番組で相方のたかし(31)から、“これからはCMだけやりたい”と言っていたと、天狗になっていたことをバラされていましたが、ヒロミの指摘は耳が痛かったんじゃないでしょうか」(お笑いライター)――世間のニーズに応えるのも、大事な仕事!?

ヒロミ、トレンディエンジェル斎藤司を「消えそうな芸人1位」に選んだ理由とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.