日刊大衆TOP 芸能

ANZEN漫才みやぞん「金魚に人工呼吸」天然キャラに後藤輝基も絶句

ANZEN漫才みやぞん「金魚に人工呼吸」天然キャラに後藤輝基も絶句

 3月13日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に、ANZEN漫才のみやぞん(31)が出演。優しすぎるエピソードが紹介され、フットボールアワーの後藤輝基(42)、おぎやはぎの小木博明(45)らを驚かせる場面が見られた。

 今回は“男女の結婚観”がテーマで、結婚相手に関するイメージ調査では、20~30代の女性が結婚相手に求める条件は“優しい”が88.1%で1位という結果に。そこで、芸能界一優しい男としてみやぞんが紹介され、一般人100人に実施したアンケート結果を予想し、世間のイメージと向き合うことになった。

 まず、みやぞんが「芸能界一優しい」という噂が本当なのか、身辺調査を行うことに。VTRで所属事務所の先輩芸人、どぶろっくの森慎太郎(38)が、「たまに飲んだりするが、ずっと飲んでいる間もツイッターで返信をして、ファンサービスをしている」と、昔から変わらずいいやつだとコメント。そして同じくどぶろっくの江口直人(38)は、「とんでもないキス魔で、先輩として注意したら、口をキスでふさがれた」と暴露し、みやぞんの意外な素顔を明かしていた。

 続いてみやぞんの地元、東京都足立区へ行き、みやぞんの学生時代を知る同級生たちに話を聞いたところ、「自分がフラれたとき、励ますために歌を作ってくれた」「動物にも優しい」など、みやぞんが「芸能界一優しい」ことを証明するエピソードが続出。さらにみやぞんの母親が登場し、小学生時代に「飼っていた金魚が死んでしまったとき、必死に人工呼吸をして生き返らせた」という、驚くべきエピソードが語られた。

 VTRの終了後、スタジオで「めったに怒らない」とみやぞんがコメントすると、これに小木が「我慢するんじゃなくて?」と質問。するとみやぞんは「犬を飼っていて、(自分が大好きな)タコの刺身を食べてしまったけど、そのときはイラッとしましたよ」と、数少ない怒ったエピソードを明かし、後藤を「それくらい!?」と驚かせていた。これに対しみやぞんは、「いいじゃないですか、みんな一生懸命生きてるんだから」と平然と答え、スタジオの笑いを誘っていた。

 その後、みやぞんは「20代から30代女性100人に聞いた芸能界一優しい男は結婚相手としてアリ? ナシ?」というアンケートに挑戦。アリが過半数に満たないと失格となるのだが、結果は34人でアウト。みやぞんは罰としてスタジオの床下に落とされたが、後藤から「100人中34人がアリは、多いと思うわ」とフォローされていた。

「ANZEN漫才は昨年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演し、ネット上で“ブレイク大本命”と話題になっていました。特にみやぞんは伊集院光(49)から“果てしないバカ”“おもしろ脳”と絶賛されており、予想をはるかに上回る天然キャラで話題を呼んでいます。今、最も注目すべき芸人でしょうね」(お笑いライター)――規格外の天然キャラに注目!?

ANZEN漫才みやぞん「金魚に人工呼吸」天然キャラに後藤輝基も絶句

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.