日刊大衆TOP 芸能

綾野剛は、なぜ男性タレントにモテモテ!? 天性の魅力に迫る!

綾野剛は、なぜ男性タレントにモテモテ!? 天性の魅力に迫る!

 映画『新宿スワン2』や、ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)など、今年も映画やドラマで存在感を発揮している綾野剛(35)。昨今の活躍により多くのファンの心をつかんだが、彼に引かれるのはどうやら女性だけではないようで、特に最近では、男性タレントから熱烈な支持を受ける場面が目立っている。

 1月27日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、ダウンタウンの松本人志(53)らのハートを綾野がわしづかみにする場面があった。一度酒を飲み交わして以来、綾野は松本に自身の出演作品を定期的に送っているそうで、そのことについて綾野は「好きな人にしか(DVDを送ったり)しないです。松本さんしかいないです」と真顔で語り、松本に「またこういうこと……おっちゃん高揚してくる!」と言わしめた。さらに、この日の番組では「自分の出演シーンがなくても、共演者にあいさつするためだけに撮影現場に来る」「各楽屋に丁寧にあいさつ回りに行く」といった綾野の仕事術が明らかに。これには坂上忍(49)や浜田雅功(53)も「嫌らしいぐらい、できた人間」「(綾野の)ダメなところが知りたいと思ったけど……でもない!」と感心していた。

 また、おぎやはぎの二人も綾野に魅了されている。綾野はラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)の大ファンで、2014年に番組に初出演した際には、熱烈なファンの視点から番組の魅力を力説。おかげでリスナーから「おい、綾野、しゃべり方がクソメンだな。なんか親近感湧いたよ」と洗礼を受け、番組内で“イケメン”の対義語として使われている“クソメン”の一員として親しまれることとなった。また番組恒例の綾野のフリートークでも、おぎやはぎをトリコに。1月19日のゲスト出演回では自分の番宣ではなく、同番組のオフィシャルブックを紹介したり、矢作兼(45)の結婚を祝福したりと、二人を大いに喜ばせていた。

 また、1月31日の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、Kis-My-Ft2のメンバーが綾野にほれぼれするシーンがあった。同番組をよく見ているという綾野はこの日の放送で、Kis-My-Ft2メンバーの一人一人のイメージを事細かに解説。「藤ヶ谷くんはかっこ良くてさ、玉ちゃんはすごくかわいい。で、横尾くんはすっごい優しいし、二階堂くんは可能性に満ちあふれてるでしょ。千賀くんはいろんな人たちに元気を与えて、宮田くんは……猟奇的だよね(笑)」と語り、綾野の"褒め上手"な一面が明らかに。

 交友関係が広く、関わった人を魅了する綾野だが、小学校の半ばから25歳ぐらいまでは、あまり人づきあいをせず、「現場以外では人とほとんど会わない。飲みにも行ってない」というスタイルだったという。だが、そんな綾野を変えたのは、笑福亭鶴瓶(65)のひと言。『火曜サプライズ』(日本テレビ系)での綾野いわく、鶴瓶から「剛は本当はすごく人が好きで、いろいろな人を分け隔てなく、偏見なく見られるから、ずっとそのままでいてくれな」と言われたそうで、それ以来、人との交流を惜しまなくなったのだとか。

 休日は地方まで出かけ、ロケで知り合った人と飲みに行ったりもするという綾野。「人と会うことがなにより楽しい」と思う気持ちこそが、多くの人から愛される秘訣なのかもしれない。

綾野剛は、なぜ男性タレントにモテモテ!? 天性の魅力に迫る!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.