日刊大衆TOP 芸能

森三中の大島美幸「好きじゃなかった」夫と結婚を決めた理由とは!?

森三中の大島美幸「好きじゃなかった」夫と結婚を決めた理由とは!?

 3月12日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に森三中の大島美幸(37)が出演。プライベートでも親しいというクワバタオハラのくわばたりえ(40)と北陽の虻川美穂子(42)と対談し、夫との結婚のなれ初めや育児の苦労などについて語った。

 大島は2002年に、22歳で8歳年上の放送作家・鈴木おさむ(44)と結婚。2014年に妊活のため仕事を休業し、2015年に長男を出産している。

 大島は夫とのなれ初めについて、一緒に仕事をしたこともなかったと説明。鈴木がダイノジの大地洋輔(44)を囲む会を開催し、そこに森三中の村上知子(37)、黒沢かずこ(38)が参加。そこで鈴木が「大島に会いたいな」と言い、大島も呼び出されたという。さらにその席で鈴木が「大島と結婚しても全然いいな」と発言。

 大島は鈴木がふざけているのが分かったので「ああ~、そうですね~、ありがとうございます」と軽く受け流していたのだが、それを聞いた村上と黒沢が食いついて、「今おさむさん言いましたね、じゃあ結婚してください」としつこく詰め寄ったのだという。

 大島はまだ若かったこともあり、結婚に対し「嫌だ」と言っていたのだが、周りは結婚に賛成する者ばかり。そこで実家に帰り、母親に「嫌いじゃないんだけど、好きでもない人と結婚するのってどう思う?」「結婚してくれって言われてるんだ、でもふざけてだよ」と相談したのだという。

 すると、大島にソックリだという母親は「いや、結婚したほうがいいでしょ。あなた、その顔で結婚できるわけないでしょ」とまさかの返答。大島は「それが説得力で」と結婚を決めた理由を明かした。

 大島はこのように、人の助言が人生のターニングポイントになった事例はまだあるとして、芸人になったきっかけも告白。大島は高校まではスタイリストになりたいと思っていたが、高校時代に大島をいじめていた子が、いじめの延長線上で「これ行けば」とNSC(吉本興業の芸人養成所)のチラシを持って話しかけてきたのだという。

 大島はスタイリストの学校に行く意思があったものの「“決まってないんでしょ、まだ。行けばいいじゃん”って言われて、“分かった……”って。まあ、結婚とちょっと一緒なんですけど」と彼女の言いなりになったといい、「全部そうなんです。人が決めたことなんですよ」と明かした。これにくわばたは「すごーい!全部プラスにいってるやん!」と感嘆し、虻川も感心する様子を見せていた。

「“ネタか?”とも思われた二人の結婚のきっかけですが、案外うまくいってるようですね。大島美幸の妊活後、今度は夫の鈴木おさむ氏が1年間の育休をとったことでも話題になりました。競争の激しい芸能界で休暇をとるのは勇気が必要ですが、これも仕事が順調だからでしょう」(芸能誌記者)――無事に出産し、夫婦ともに仕事も順調。まさに勝ち組!?

森三中の大島美幸「好きじゃなかった」夫と結婚を決めた理由とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.