日刊大衆TOP 芸能

丸山ゴンザレス「さっきまで笑っていたのに、一瞬で“殺すよ”と」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2017年03月27日号]

男性の衝動をかきたてるのは“香り”だった
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

丸山ゴンザレス「さっきまで笑っていたのに、一瞬で“殺すよ”と」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 今週は……これまたすごい人に会ってきました。テレビ番組『クレイジージャーニー』(TBS系)でもおなじみのジャーナリストの丸山ゴンザレスさんです! ご存じの方も多いと思いますが、丸山さんは日本の裏社会や世界の危険地帯を果敢に潜入取材。フィリピンの“銃の密造村”やメキシコの薬物カルテル、世界各地のスラム街など、いつ殺されてもおかしくない場所を取材されている、まさに“クレイジーな旅人”です。海外旅行が大好きな私は、とにかく危険な目に遭わない方法も聞いておかなきゃ。

ゆま「今日はよろしくお願いします! 聞きたいことが山ほどあるんですけど、まず、今に至るまでの経緯を教えてほしいです」

丸山「はい。僕はもともと考古学者だったんですけど、いろいろあって研究室を追われまして。その後しばらく日雇いの仕事をしていたんですね。そんな中、恩師師に拾われて、出版関係の人とも知り合い、自分の大学時代の旅の話などをしていたら、“本を出さない?”となって……それで現在に至る感じです(笑)」

ゆま「なんか、いきなりすごい人生! 大学時代の旅の話ってことは、若い頃から世界中を旅されていたんですか?」

丸山「はい。高校の頃は日本中を旅していて、大学に入ってからは海外に行くようになりましたね」」

ゆま「その頃から危険な地域に?」

丸山「そうですねー。観光地よりも、そういう場所のほうが興味はありました」

ゆま「それはどうしてですか?」

丸山「えっ? 行きません?」

ゆま「いやいやいや(笑)。危ないところには極力行かないようにしますよ!」

丸山「そうですか。まあ、単純に好奇心もありますし、どこかに旅をして、人に語るとき、誰もが知っている観光地の話をするより、たとえば、“○○のスラム街を見てきたぜ”と自慢したいって気持ちがあるんです」

ゆま「いやあ……私も海外が好きで、数週間程度ですが、カナダとロスに留学していたことがあるんですが、危ないところに行こう、という発想はなかったです」

丸山「アハハ。ゆまさんは、なぜ海外に興味を持ったんですか?」

ゆま「やっぱり知らないものを見たい、知りたいって気持ちかな。景色なんかも壮大じゃないですか」

丸山「やはり。発想は自分も同じなんです。海外を見て回るのは、自分の好奇心を満たす最大の手段。ただ、ゆまさんは、“大自然”を見たくて、僕は“街”を見たいだけ。違うのは、そこだけなんです」

ゆま「街といってもゴンザレスさんの場合、ルーマニアのマンホールタウンやニューヨークの地下水道やら、現地の人も近づかないような場所ばかり。で、何度も聞かれていると思うのですが、今まで旅をされて“これは死ぬかも!?”と思われたのはどこですか?」

次ページ >> ニューヨークの下水道やフィリピンの銃密造村など、危険な目に!

丸山ゴンザレス「さっきまで笑っていたのに、一瞬で“殺すよ”と」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.