日刊大衆TOP 娯楽

【G1大阪杯】キタサンブラック、6度目の「1番」なるか「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年04月10日号]

 キタサンブラックは有馬記念以来の実戦になるが、これまで2か月以上の休み明けで[2・1・1・0]という成績を残しており、休み明けで連を外したのは、初の古馬対戦だった一昨年の有馬記念(3着)のみ。しかも、3着に負けたと言っても、勝ち馬ゴールドアクターからわずか0秒1差だった。休み明けで戦力を割り引く必要はまったくない。休養をとると、リフレッシュ効果が必ずあるタイプなのだ。

 これは先のことになるが、キタサンブラックで注意しなくてはいけないのが、休み明けではないのに体重が増えていたケース。これはこれまでに3レースあり、皐月賞(6キロ増、3着)、日本ダービー(10キロ増、14着)、宝塚記念(12キロ増、3着)でことごとく連を外している。おそらく、休み明けでもないのに体重が増えていたということは、カイ喰いがよすぎて馬体が絞り切れなかったということではないかと思う。

 1957年に「大阪杯」の名称で始まり、その後「サンケイ大阪杯」→「産経大阪杯」と変遷して今回、「大阪杯」に戻ったこのレース。その1957年の第1回は、ゼッケン1番のホマレイチという馬が勝っているので、今回もゼッケン1番は要注目。

 目下3戦連続でゼッケン1番をひき、ゼッケン1番で通算[4・1・0・0]と荒稼ぎをしているキタサンブラックがまた1番に入ったら面白いなあ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【G1大阪杯】キタサンブラック、6度目の「1番」なるか「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.