日刊大衆TOP 芸能

『イッテQ!』、お祭り男・宮川大輔が残した「伝説の神回」

『イッテQ!』、お祭り男・宮川大輔が残した「伝説の神回」

 4月から公開されている映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』で、アニメ声優に初挑戦している宮川大輔(44)。同映画の公開アフレコで「(声優の)オファーが来たとき、“あっ俺売れたな”と思いました」とコメントしている宮川は、本人が語るように、現在多くのテレビ番組やCMに出演中の“売れっ子”お笑いタレントだ。

 彼の人気が全国区になったのは、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での“お祭り男”としての活躍が大きいだろう。宮川が世界中のお祭りを実際に体験していく「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、『イッテQ!』の看板企画。今回は、今や老若男女から高い支持を受ける宮川が、『イッテQ!』で見せた“伝説”の数々を紹介していきたい。

 まず最初の伝説は、2007年に放送された「チーズ転がし祭り」。このお祭りは丘の頂上から丸いチーズを転がし、参加者がそのチーズを追いかけるというシンプルなもの。イギリスで200年以上前から続いている由緒正しきお祭りだが、「傾斜角35度」という超急斜面を全速力で駆け下りるため、転倒者が続出。会場には数台の救急車が呼ばれているほど、危険と隣り合わせの祭りだった。

 その「チーズ転がし祭り」に、宮川は日本人として初めて挑戦。見事スタートダッシュを決めるが、3分の1ほど走ったところで派手に転倒。そのまま50メートル以上も丘を転げ落ち、ゴールに飛び込んだ。そして結果は、なんと「2位」という快挙。あまりにも激しい転倒で、宮川は足首を捻挫したが、そのガッツに会場からは温かい拍手が贈られていた。

 そして、「チーズ転がし祭り」と同じく、2007年に参加した「鳥人祭り」での宮川の勇姿も忘れられない。メキシコのトトナカ族が開催する「鳥人祭り」は、なんと地上35メートルの鉄柱が舞台。この鉄柱を命綱なしで登り切り、てっぺんからロープ1本で「逆さつりになって地上に降りる」という超危険なお祭りだ。それまで頂上にたどり着いた外国人は皆無だったが、宮川は参加を決意。練習を積み重ねて、見事にこの挑戦を成功させる。すると、翌日の地元紙が一面で、宮川の活躍をたたえる記事を掲載。ちなみに宮川は「鳥人祭り」に挑む前に、母と妻宛てに遺書を書いていたと明かしている。

 また“お祭り男”は、挑戦失敗でもしっかりと伝説を残している。2012年に放送されたオーストラリアの「乳牛祭り」は、いまだにお祭り男の“神回”として語り草になっている。「乳牛祭り」とは、コース途中に用意された牛乳1リットルを二本一気飲みしながら400メートルを走るという過酷な競技。これに参加した宮川は、牛乳を勢いよく飲み干したものの、吐き気で足取りがフラフラに。それでも我慢しながらなんとか走り出したが、結局勢い良く牛乳を“リバース”してしまう。

 その際、嘔吐シーンは編集でキラキラとした謎の光で加工され、これが大きな話題に。『イッテQ!』のご意見番、出川哲朗(53)をして「テレビ界の革命」と言わしめたほどの“伝説映像”だった。

 今年で放送開始から10周年を迎えた『イッテQ!』。今でも「宮川大輔のお祭り男」シリーズは、およそ月に1回のペースで放送中だ。これからもケガをしない程度に、「新たな伝説と爆笑」をお茶の間に届けてほしいものだ。

『イッテQ!』、お祭り男・宮川大輔が残した「伝説の神回」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.