日刊大衆TOP トレンド

アジア人初「バリスタ世界王者」井崎英典の仕事哲学

アジア人初「バリスタ世界王者」井崎英典の仕事哲学

 世界を飛び回るコーヒーエバンジェリスト、井崎英典。各地にクライアントを抱え、飛行機で国境を超える日々が続く。彼の存在を世界に知らしめた「ワールドバリスタチャンピオンシップ」での優勝、世界の頂点に立つまでの道のり、そして今の目標について、先日発売された書籍『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社) から、一部を抜粋してお送りする。

 コーヒーはいま、日本人の毎日の生活に欠かせないもののひとつになっているのではないだろうか。ドトールコーヒー、スターバックス、エクセルシオールカフェ、カフェ・ベローチェなどのチェーン店、個人経営のお店を含めて6万9983件の喫茶店がある(2014/総務省統計局「事業所統計調査報告書」参照)。

 この数字を見ると、カフェやバールのカウンターに立ち、注文に合わせてコーヒーを淹れるバリスタも数千人単位でいると予想されるが、「コーヒーエバンジェリスト」(※エバンジェリスト=伝道者)を名乗って世界を飛び回っているバリスタは、日本にひとりしかいない。井崎英典だ。

 井崎は現在、珈琲専門のフリーコンサルタントとして世界中にクライアントを持ち、コーヒーのチェーン店での技術指導や教育システムの構築、コーヒー機器メーカーのテクニカルコンサルタントなどを行っている。昨年は68回飛行機に乗り、出張日数は226日というから、まさに引っ張りだこだ。今年もすでにオーストラリアに2回、インドネシア、イタリア、イギリス、ギリシャ、スイス、中国、シンガポール、台湾を訪れた。

 なぜ、弱冠27歳の日本人がここまで世界に求められるのか。その理由のひとつは、彼が「世界王者」の称号を持つからだろう。井崎は2014年、24歳のときに世界のバリスタの憧れの舞台である国際大会「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」でチャンピオンに輝いた。

 2000年に始まったWBC史上、アジア人は井崎しかいない。世界の頂点への道のりは、どのようなものだったのだろうか。

 井崎が16歳でコーヒーの世界に足を踏み入れたきっかけは、博多でハニー珈琲というコーヒー店を経営している父親の言葉だった。バドミントンのスポーツ特待生で入学した高校を1年で中退し、やさぐれていた井崎に、父はこう声をかけた。「お前がやる気あるなら、バリスタやってみるか」

 バリスタという言葉の響きに「これはモテるな」と感じた井崎は、父親のもとで修業を始めた。もともと、自分がやると決めたことに対してはとことん打ち込む性格だった井崎は、バリスタの仕事を熱心に覚えた。

 そして1年後、WBCの予選も兼ねているジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ (JBC) に17歳で初めて出場すると、参加160人中24位に入った。この時、優勝者は世界大会に出場できると知った17歳の少年は人知れず、壮大な野望を抱いた。「いつか、世界王者になりたい」

 世界を意識すると、自分に足りないモノが明確になった。コーヒーはグローバルな飲み物だから、教養が必要だ。猪突猛進型の井崎は怒涛の勢いで勉強を始め、高卒認定試験、そして受験を突破し、法政大学国際文化学部国際文化学科に合格した。

 2009年、井崎は大学入学と同時に、父親の紹介で小諸にある丸山珈琲の小諸店で働き始めた。平日は、学校に通いながらアルバイトをしてお金を貯める。そして金曜の夜から長野に入り、土曜の朝イチから日曜の夕方までバリスタの仕事をするというハードなスケジュールを自らに課した。交通費も滞在費も自費だったから、完全に赤字だったという。そこまでした理由は、ひとつ。

「丸山珈琲は日本では業界のトップで、豆の品揃えもクオリティも、ここほどクオリティが高いところはほかにありません。日本人が世界で優勝するためには、最高の素材と最高の環境があるここで修行するしかないと思いました」

 さらに世界大会で勝つには英語が必要だと、1年間、イギリスのシェフィールドに留学。学校に行かず、現地の友人たちと飲み歩くことで生きた英語を学び、帰国後、再び丸山珈琲で研鑽をつんだ。そうして大学4年生のとき、JBCで史上最年少優勝を飾る。

 9カ月後、井崎はオーストラリアのメルボルンで開催されたWBCの舞台に立っていた。WBCは、15分間の制限時間内にエスプレッソ、カプチーノ、オリジナルドリンクを4人の審査員に提供し、味、清潔さや創造性、技術、プレゼンテーション能力などが評価の対象になる。コンセプトは「自分の人生の中で最も大切なお客様をおもてなしする」。豆の選択、熟成具合、焙煎時間などは出場者に委ねられており、さらにプレゼンテーションの構成を考え、完璧に記憶する必要もある。

 初めて世界に挑んだ井崎は、唇をきつく噛み締めていた。セミファイナルに進めるのは上位12名。井崎はギリシャの選手と同点の12位だったが、「同点の場合はエスプレッソの点数で評価する」という大会の規定で0.5ポイント劣り、13位となった。

 井崎は荒れた。「0.5点ってどれくらいの差かというと、カップに一滴の液だれがついているか、いないかぐらいの差なんです。全精力を傾けて準備して0.5点差で負けて予選落ちじゃ、もう死んだ方が良いと思いましたね」

 負けが決まった瞬間は、怒りと悔しさと恥ずかしさと情けなさと申し訳なさで、頭がいっぱいになった。しかし一晩たつと、生来の負けず嫌いがムクムクと起き上ってきた。「このままじゃ、終われない」

 井崎は頭を冷やすために、「何がダメだったのか」を、思いつく限り書き出した。それを眺めていて、ふと敗因に気づいた。一番足りなかったもの、それは「自分」だった。

「大会まで目の前のことで精一杯で、言われたことをこなすだけのイエスマンになっていました。でも、本当に感動する時って、その人が心から素晴らしいと思っていることを聞いた時ですよね。その言葉が人の心を揺さぶる。僕にはそれが足りなかった」

 井崎は、覚悟を決めた。「これからは、自分が腹の底から正しいと思えることだけをやろう。そのためには手段は選ばんぞ。無視もするし、ケンカもするし、誰から嫌われようが構わん。そして、来年のWBCに戻ってきてやる」

 帰国した井崎は、WBCのことだけを考えて時間を過ごすようになった。その過程で出場したJBCで2連覇を果たし、「タイトルを狙うのではなく、自分が信じたことを精いっぱい表現する」スタイルに確信を深めた井崎は、翌年の世界大会に向けて、前回とは全く違う自己流のアプローチで準備を始めた。

「それまでは練習量だけで勝負していたんですけど、質と量がダントツになれば、ダントツの結果しか出ないじゃないですか。だから質を徹底的に意識して、前年の世界王者、ピート・リカータにコーチを頼んで、彼の言うことしか聞かなかった。なぜなら彼は勝ち方を知っているからです。さらに、ベストパフォーマンスを出すためには自分の精神をコントロールする必要があるので、メンタルトレーニングにも力を入れました」

 迎えた2014年6月12日。イタリアのリミニで開催されたWBCでファイナルまで駆け上がった井崎は、晴れやかな気持ちで決戦に臨んでいた。やることはひとつ、自分が心の底から正しい、素晴らしいと思うことを伝えること。

 それは全て、コーヒーに凝縮されていた。井崎が選んだのは、コスタリカのモンテ・コペイの生産者、エンリケ・ナヴァロ氏のコーヒー豆。井崎が初めて出会った同年代の生産者で、意気投合した二人は、時にぶつかり合いながらも議論を尽くし、このWBCに向けてベストの状態に豆を仕上げてきた。

 プレゼンで、井崎は4人の審査員にこう伝えた。「私もエンリケも、この生産者とバリスタの関係性が、未来のバリスタと生産者のロールモデルになりうると信じています。消費者のニーズを知るバリスタが、生産者と一緒にコーヒーを作ることで、よりお客様に沿ったコーヒーをご提供できます。私たちは、人種も、言葉も、肌の色も違うかもしれません。しかし、素晴らしいコーヒーを作りたいと願う情熱は、そんなものを飛び越えて人と人を結びつけてくれるのだと改めて実感しました」

 ファイナリスト6人のなかから、審査員がチャンピオンとしてコールした名前は、井崎英典。史上初めて、アジア人として世界のバリスタの頂点に立った瞬間だった。

 この日から、井崎の生活は一変した。大会終了直後から、WBCの優勝者として世界を巡り、デモンストレーション、プレゼンテーション、シンポジウムへの出席、製品のプロモーション、製品開発、コンサルタント、バリスタトレーニングとめまぐるしい毎日。大会終了後から2015年4月までの11カ月で、海外出張はおよそ300日に及んだ。

 この多忙を極める日々のなかで、これから自分が歩むべき道筋が見えた井崎は、2016年1月、「コーヒーの価値を高める」ことを目標に掲げて、「サムライコーヒーエクスペリエンス(SAMURAI COFFEE EXPERIENCE)」を立ち上げた。独立後の活躍は冒頭に記したとおりだが、まだ書き残していたことがある。

「コーヒーの価値を高める」ことは、井崎ひとりではできない。そのために、井崎はいまバリスタのコーチングに力を注いでいる。その成果は、早くも出始めている。井崎が指導した日本、イタリア、スイスのバリスタが各国の大会で優勝し、今年6月に開かれるWBCに出場するのだ。

「大会当日が大変ですね」と言うと、井崎は嬉しそうに笑って、こう話した。「いまは、バリスタの教育コンサルタントとして、世界で断トツのナンバーワンを目指しているんで」

取材・文/川内イオ

BREAK!「今」を突き破る仕事論 井崎がWBC史上初のアジア人王者に輝くまでの軌跡が収録されている書籍『BREAK!「今」を突き破る仕事論』(双葉社)は現在好評発売中!
http://amzn.asia/9LFU46X

アジア人初「バリスタ世界王者」井崎英典の仕事哲学

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.