日刊大衆TOP 芸能

乃木坂46大園桃子「泣きません」ド緊張の“赤面姿”に賞賛の嵐

乃木坂46大園桃子「泣きません」ド緊張の“赤面姿”に賞賛の嵐

 4月2日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に、乃木坂46の3期生で“暫定センター”の大園桃子(17)が初出演。緊張のあまりガチガチになってしまい、バナナマンの設楽統(43)、日村勇紀(44)や、他のメンバーらに心配される場面が見られた。

 この日の番組は、“先輩プレゼンツ3期生PR大作戦”と題し、番組初出演となる3期生の魅力を、先輩メンバーがあの手この手で紹介するという内容。くじ引きでペアを組んだ先輩メンバーが3期生をリードし、ほほ笑ましいPR合戦が展開された。

 まず最初は、1期生の若月佑美(22)が、山下美月(17)を紹介。若月によると、3期生のお披露目イベント“お見立て会”に参加したメンバーたちの間で、「もうルックスが完成されてる!」と山下のことが話題になったそうだ。特技はゴルフだという山下は、竹刀を使ってゴルフのスイングを披露。さらに高校の茶道部で副部長を務めていることから、道具を使わない“エア茶道”でバナナマンをもてなしたが、スタジオには微妙な空気が流れることに。だが、最後には「空前絶後のオオオ!」とサンシャイン池崎(35)のモノマネをして、メンバーの笑いを誘っていた。

 続いては、1期生の生田絵梨花(20)が、グループ初の沖縄県出身者となる伊藤理々杏(14)を紹介。伊藤は紅イモを使った沖縄のスイーツ“うむくじ天ぷら”をバナナマンへのお土産に持参したが、なぜか生田から試食を勧められる展開に。一口食べた伊藤が「とってもおいシーサー」とダジャレを飛ばすと、日村はそのギャグのベタさに「いらないよ、今のくだり!」と苦笑いしていた。

 最後は、1期生の高山一実(23)が、大園桃子を紹介。緊張のあまり、声を震わせる大園に、設楽は「泣きそうな感じになっているのかな?」と心配顔で聞いていたが、大園は「泣きません……」と答え、負けず嫌いな一面を見せた。そんな大園は、小学5年生から中学3年生までやっていたという剣道の腕前を披露。最初こそ緊張していたが、大声を出すことでリラックスできたのか、見事な竹刀さばきを見せ、メンバーからは拍手が沸き起こっていた。

 また、クイズコーナーでは答えが“TPP”となるところを間違って、“OPI”と回答。日村が「OPIはですね、あやまんJAPANが言ってましたね」と誤りを指摘すると、大園はよほど恥ずかしかったのか、両手で顔を覆って赤面していた。

「ネット上には、初々しさを見せた大園に、乃木坂ファンから“一番成長が楽しみなタイプだな”、“3期生はこの子を推すことにします”などといった賞賛が殺到していました。“期待のルーキー”として注目を集めているだけに、今後の活躍が楽しみですね」(アイドルライター)――心配で目が離せない!

乃木坂46大園桃子「泣きません」ド緊張の“赤面姿”に賞賛の嵐

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.