日刊大衆TOP 芸能

有吉弘行「予想通り」小倉優子の離婚に「同情されたいの?」

有吉弘行「予想通り」小倉優子の離婚に「同情されたいの?」

 4月1日放送の『有吉大反省会スペシャル 春のカミングアウト祭り』(日本テレビ系)に、タレントの小倉優子(33)が出演。離婚について、お笑いタレントの有吉弘行(42)、バカリズム(41)らから手厳しい言葉をかけられる場面が見られた。

 トークの最中、モデルのアレクサンダー(34)が、小倉とは古くからの友人だと発言。これを受けて有吉が、かつての小倉の印象について尋ねたところ、アレクは「男運なさそうな感じはしてましたね。(相手には)厳しいこと言っときながら、だまされちゃうんじゃないかな、みたいな感じはあった」とコメントした。

 これを聞いた有吉が「全国民が、“あ、やっぱりね”っていう」「我々もうね、知ってた結末」と、小倉の離婚を予想していたと語り、バカリズムも深くうなずくと、この言葉に小倉は動揺。「私は全然、そんなふうに思ってなかったです」と反論したが、有吉は「我々は、ゆうこりんが結婚したときから、もう(離婚への)カウントダウン始めてた」と言い、バカリズムも「こんなオチの読めるコントないですよね」と指摘したため、小倉はショックを受けた様子を見せていた。

 続けて有吉が、小倉の今後について質問すると、小倉は「今まではママタレでやってきたじゃないですか。“旦那さんもいて、子どももいて、幸せでーす”みたいな感じでテレビ出てたのが、これからはそうじゃないじゃないですか」と、離婚で立場が変わったと説明。それでもシングルマザーとして仕事をしていかなければならないと言い、「どういう路線でこれから仕事をしていけば、仕事がなくならないかっていう、今後のタレントとしての方向性が分からないまま、仕事を再開しちゃいました」と、今後に関する悩みを告白した。

 小倉はさらに「夜とか、泣きながら家事やったりします」「悲しいんじゃなくて、やっぱり大変なんですよ。仕事もして、子育てもして、子どもが寝た後に家事をするじゃないですか。やらなきゃいけないことがありすぎて、やっぱりつらくて。涙がツーッと出てくることがたまにあります」と現在の心情を吐露した。

 しかし、これを聞いた有吉は「じゃ、今後はそうやって、同情してもらいながら頑張っていく?」と冷たく回答すると、予想外の答えに小倉も「同情? ちょっと待ってください、えっ?」と動揺してしまった。有吉はさらに「何でしょうね、不思議と同情できないんだよな」と突き放すと、小倉も「あの、同情は大丈夫です。なので、バラエティとかでお仕事がコンスタントに来るように(するには)どうしたらいいかなって」と、とまどいながら本題の仕事についての相談がしたいと強調していた。

「夫の浮気が原因の離婚ですが、さすがに有吉弘行はバッサリ切り捨てましたね。ただ、しんどいかもしれませんが、シングルマザーとして働きながら子どもを育てる姿は、多くの女性の共感を集めると思います。小倉優子にとって今の状況はピンチに見えますが、タレントとしてはチャンスかもしれませんよ」(芸能誌記者)――頑張れ、ゆうこりん!

有吉弘行「予想通り」小倉優子の離婚に「同情されたいの?」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.