日刊大衆TOP 芸能

芳根京子、博多大吉ほか「難病」に襲われたタレントたち

空いた時間で1万円
http://mtoku.jp
簡単お小遣い稼ぎ!AmazonギフトやiTunesギフト等にも交換できるよ☆[AD]

芳根京子、博多大吉ほか「難病」に襲われたタレントたち

 昨年放送のNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主人公を演じた芳根京子(20)は、今春話題のドラマ『小さな巨人』(TBS系)でもヒロインとして抜擢された、今、最も注目される若手女優。しかし、中学2年生のときには10万人あたり一人から二人しか発症しない、“ギラン・バレー症候群”に苦しめられていたそうだ。“ギラン・バレー症候群”とは、運動神経の障害を起こし、手足に力が入らなくなる疾病。芳根は「中学2年生のときに、力が入らなくなる病気になったことがありまして。今は完治して支障はないんですけど、1年間くらいは学校に普通に通うのは難しい時期がありました」と当時のことを語っている。

 芸能界には芳根のように、発症例が稀な難病にかかったタレントも存在する。博多華丸・大吉の博多大吉(46)は、2017年3月29日放送の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演したとき、24歳の頃、国内で発症例が4例しかない奇病にかかった経験があると明かした。具体的な病名は出していなかったが、病状について「ずっと腎臓のあたりが痛くて、尿管結石と言われていた」と語り、何回治療しても痛みが治まらず、精密検査を受けた結果、生まれつき尿管がねじれていたことが判明したそうだ。尿管のねじれは手術で完治したというが、大吉によると、当時の担当医は興奮して「(奇病について)発表していい?」と聞いてきたらしい。

次ページ >> あのアイドルも奇病に!?

芳根京子、博多大吉ほか「難病」に襲われたタレントたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • アプリやゲームでポイントを貯めてiTunesギフトに交換[AD]

大衆のオススメ


  • アプリやゲーム利用でポイントを貯めてi…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.