日刊大衆TOP 芸能

『ドラゴンボール』、“やられ役”ヤムチャの「意外な戦績」

空いた時間で1万円
http://mtoku.jp
簡単お小遣い稼ぎ!AmazonギフトやiTunesギフト等にも交換できるよ☆[AD]

『ドラゴンボール』、“やられ役”ヤムチャの「意外な戦績」

 世界的な人気を誇る鳥山明氏の漫画『ドラゴンボール』(集英社)。この作品に登場するヤムチャといえば、「無残に敗れる」シーンばかりが印象に残るキャラクターとしておなじみだ。連載初期は、孫悟空のライバルとして活躍していたはずなのに、いつのまにか“やられ役”として定着したヤムチャ。しかし、本当に彼は「負けキャラ」なのだろうか。ここで、漫画に登場するヤムチャの戦いをすべて振り返ってみよう。

 注目すべき1戦目は、主人公・孫悟空とのバトル。「悟空が腹ペコだった」というラッキーもあり、互角の戦いを繰り広げて引き分けに。しかしドラゴンボールをめぐって2戦目の戦いを挑んだ際には、万全の状態だった悟空にコテンパンにやられてしまう。

 3戦目は牛魔王の娘・チチとのバトル。不意打ちでチチにビームを撃たれ、激怒したヤムチャは、相手が幼い少女なのに、容赦なく殴り、失神させて勝利。

 4戦目、5戦目は、悟空のピンチを救うために戦ったヤムチャ。ならず者として知られるウサギ団の団員二人に不意打ちを仕掛け、あっさりと勝利を収めている。

 6戦目は「第21回天下一武道会」の1回戦。謎の老人ジャッキー・チュンと対戦したヤムチャだったが、相手に触れることもできずに完敗。ちなみにジャッキー・チュンとは、亀仙人が変装した姿だった。

 7戦目の相手は占いババの手先、透明人間のスケさん。姿が見えない相手にとまどいながらも、“亀仙人の鼻血”のアシストもあって勝利。さらに8戦目は、同じく占いババの手先のミイラくんと対戦。しかし、必殺技の狼牙風風拳でも歯が立たず、降参。このとき「これいじょうおまえと戦ってもつまらんな」と屈辱的なセリフまで吐かれている。

 9戦目、10戦目は、「第22回天下一武道会」の予選でのバトル。モヒカン頭の男、さらに名前のない武道家相手に連勝を収め、本戦出場を決めた。そして11戦目で当たったのが大会初出場の天津飯。戦闘前は「きえろ ぶっとばされんうちにな」と大口を叩いていたヤムチャだったが、戦いが始まると天津飯が圧倒。ヤムチャは足をへし折られたあげく、白目をむいて完敗している。

 12戦目、13戦目は、「第23回天下一武道会」の予選。狼姿の武道家、ハゲ頭の武道家と立て続けに撃破し、またもや本戦出場を決めたヤムチャ。そして14戦目となる本戦1回戦。「地球の神」が乗り移った中年男性・シェンと対戦。しかし、ヤムチャが「神」に勝てるはずもない。下腹部を痛打されたり、技を出そうとした隙を突かれ「足元がおるすになってますよ」と指導されたりと、屈辱的な敗北を喫している。

次ページ >> 次は漫画史に残る、あの伝説の敗北シーン

『ドラゴンボール』、“やられ役”ヤムチャの「意外な戦績」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • アプリやゲームでポイントを貯めてiTunesギフトに交換[AD]

大衆のオススメ


  • アプリやゲーム利用でポイントを貯めてi…

オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.