日刊大衆TOP 芸能

チュートリアル徳井義実は5位!?「演技がうまいと思うお笑い芸人」ランキング!

チュートリアル徳井義実は5位!?「演技がうまいと思うお笑い芸人」ランキング!

 かつてドラマや映画というのは、“俳優”や“女優”が活躍する場だった。しかし時は流れ、現在では専業の役者だけが活躍するフィールドではなくなり、ミュージシャンやタレントなど、俳優ではない人たちが演技を披露する機会が増えている。その中でも最近特に目立つのは、お笑い芸人たちだ。舞台やコントなどで磨いた表現力で、本職の俳優にも負けない演技を見せる人も少なくない。そこで今回は、20代から50代の男女100人に「演技がうまいと思うお笑い芸人」を聞いてみた。

 第3位(7%)は人気お笑いトリオ、ネプチューンの原田泰造(47)。高校を卒業後、「とにかくテレビに出たい」とモデルや俳優などのオーディションに応募していたという原田。一時はエキストラの会社に所属し、1991年に放送されたNHKの大河ドラマ『太平記』に死体役として出演したこともあるとか。

 そんな原田泰造の俳優デビューは、1995年に放送された『ママに宿題』(TBS系)。その後、2000年放送の『編集王』(フジテレビ系)では単独初主演を果たしている。NHKの大河ドラマにも08年の『篤姫』、10年の『龍馬伝』、15年の『花燃ゆ』と3度出演。原田を挙げた人からも「大河ドラマの迫真の演技が良かった」(27歳女性)、「たくさんのドラマに出ているが、大河ドラマに出ていたのが印象的」(29歳女性)と、やはり大河が印象に残っているという人が多かった。他にも「自然な演技で好感を持った」(29歳女性)、「演技がうまい」(27歳男性)、「泰造にしかできない役を演じている」(20歳女性)と、演技力そのものの評価も高いようだ。

 第2位(8%)には、ドランクドラゴンの塚地武雅(45)がランクイン。塚地が俳優として注目され始めたのは、2003年頃から。04年に放送された『仔犬のワルツ』(日本テレビ系)では、ふだんのイメージとは異なる悪役を好演。06年の映画『間宮兄弟』では、佐々木蔵之介(49)とダブル主演を務め、日本アカデミー賞をはじめ、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールなどの新人賞を受賞している。選んだ人からは「演技の雰囲気が良く、うまい」(31歳女性)、「変に気どっていない、自然なところが良い」(41歳女性)、「何でもこなせる器用な役者」(48歳男性)といった意見が。塚地の自然体の演技が好評のようだ。

 そして、第1位(16%)に選ばれたのは、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)。松田優作に憧れ、俳優になるための手段としてお笑いを始めたという話もある宮迫。2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』をはじめ、13年放送のドラマ『夜行観覧車』(TBS系)、16年放送の『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系)など、数多くの作品に出演。コミカルな役からシリアスな悪役まで、幅広くこなす“実力派俳優”だ。

 彼を推した人からも「パパ役がしっくりきていた」(26歳女性)、「他の俳優さんに引けをとらない存在感があった」(29歳女性)、「医者の役を自然に演じていた」(27歳男性)、「役になりきっている感じがする」(46歳女性)など、さまざまな役柄を器用にこなす、宮迫の演技力が高く評価されていた。

 今後、お笑い芸人による俳優活動はさらに増えていくことだろう。近い将来、お笑い界から日本アカデミー賞の最優秀主演賞を獲得する人が現れるかも!?

◆「演技がうまいと思うお笑い芸人」ランキング
第1位:宮迫博之 16%
第2位:塚地武雅 8%
第3位:原田泰造 7%
第4位:ビートたけし 6%
第5位:徳井義実 5%
第5位:明石家さんま 5%

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
http://www.voicenote.jp/

チュートリアル徳井義実は5位!?「演技がうまいと思うお笑い芸人」ランキング!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.