日刊大衆TOP 芸能

和田アキ子「なんで線路に」ヒロミの前で漏らして赤面

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

和田アキ子「なんで線路に」ヒロミの前で漏らして赤面

 4月30日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)に、タレントのヒロミ(52)が出演。冒頭で24年ぶりの登場であることが紹介された。

 この日、「おまかせ!ニュースランキング TOP10」のコーナーで、タレントの神田沙也加(30)の結婚について、母親が松田聖子(55)であることを知らない人が多かったという話題を取り上げた。番組では街頭インタビューを実施。VTRの中で、神田の母親について「松本伊代」と答えた若者の映像が流れた。

 和田アキ子(67)が「今週もいろいろありましたね。どう? 24年ぶりにヒロミ出て」と話題を振ると、ヒロミは「もうなんか、ママの名前出てきただけで、ドキドキしましたけど。まさか、あそこで出てくるとは思いませんでした」と回答。

 その後も和田が、「自分の女房(が、神田沙也加の母親だと)間違われるのって、ヒロミどんな感じ?」とイジると、ヒロミは「ママのはまだ、テレビではちょっと、今……」とバツの悪そうな表情を浮かべていた。

 さらに、無職の男が痴漢をしたと疑われてJR板橋駅から線路へ逃走し、逮捕されたニュースが紹介されると、和田は「だいたいさ、なんで線路に逃げる? 線路ってもともと逃げる……この頃なんで線路……、はっ!」とヒロミの顔を見て、両手で口を押さえた。

 お笑いタレントの陣内智則(43)が「線路のことはやめて!」とツッコむと、ヒロミも「アッコ、アッコ。いい? 線路の話題は、俺の前ではダメ!」と追撃。さらに「いいですか、世の中の人。線路に入っちゃダメですからね! ダメなんですよ!!」とアピールしていた。

 今年2月10日、ヒロミの妻でタレントの松本伊代(51)と、タレントの早見優(50)がJR山陰線の線路内に無許可で立ち入り、鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。二人は容疑を認め、松本は自身のブログで「事の重大さを改めて深く感じております。私の危険で軽率な行動で、皆様に多大なご迷惑をおかけした事を心から反省しております」などと謝罪している。

「ヒロミは、松本伊代の起こした事件について、各番組で謝罪しています。長男の小園凌央(21)が芸能界にデビューしたばかり。家族に影響が出ないように配慮しつつ、批判されない程度に笑いに変える手腕は、さすがですね。あらためて、バラティタレントとしての能力の高さを感じました」(放送作家)――長いブランクがありながらも、売れっ子になったのは、必然だった!?

和田アキ子「なんで線路に」ヒロミの前で漏らして赤面

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.