日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】G1を2勝。五月晴れのゴールデンウィークでした!

[週刊大衆2017年05月29日号]

 天候に恵まれたからか、GW(ゴールデンウィーク)中に開催された今年のG13連戦、天皇賞・春、かしわ記念、NHKマイルCが行われた、京都競馬場、船橋競馬場、東京競馬場のスタンドは、どこも熱気にあふれていました。ひと目、オグリキャップを見ようとファンが殺到した第二次競馬ブームの頃に比べると、“まだまだ、こんなものじゃない”とも思いますが、ここ数年、着実に競馬人気が高まるのを肌で感じます。もっとも、負けていたら、それどころじゃなかったと思いますが(笑)。

 最初のG1、天皇賞・春から振り返りましょう。昨年の有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドにリベンジしたいという気持ちがなかったといったら嘘になります。でも、しかし、敵は自分自身。誰が、どんな戦法で挑んできても、限界ぎりぎりまで馬の能力を引き出せれば、絶対に負けない――今のキタサンブラックには、それだけの力があると信じての騎乗でした。

 勝負のポイントは、どこで仕掛けるか、その一点です。思っていたより速いペースでレースが流れる中、先頭に立ったのは2周目の4コーナー手前でした。キタサンブラックじゃなかったら、あそこで仕掛けることはなかったと思います。キタサンブラックなら最後まで耐えてくれるはず。その先を見据えたときに、ここで耐えてこそ本物……一瞬の間に、いろんな思いが交錯していました。

 結果は、僕自身も、“絶対に破れないだろうな”と思っていた、あのディープインパクトが持つタイムを0秒9も更新する驚愕のレコードタイム。人馬ともに、最後の一滴までガソリンを使い果たしての勝利でした。

 この勝利から中4日。コパノリッキーとのコンビで挙げた、かしわ記念の勝利も味わいのあるものでした。スタートで、まさか(?)の出遅れ。スタンドのどよめきが、はっきりと僕の耳にも届いていました。

――さすがに、慌てた? それが、そうでもなくて。スタート次第で、差す競馬も頭の中には入っていたので、あくまで想定内の競馬でした。この日が誕生日だったオーナー、Dr.コパさんを喜ばせようと頑張ったコパノリッキーに感謝です。

 3つ目、思い切った競馬をしようと臨んだNHKマイルCのジョーストリクトリは、速い時計での決着についていけず惨敗(12着)。僕のGWは、晴れ、晴れ、雨で終わりましたが、きっと競馬の神様が、今週のオークスに向けて“もっと頑張れ!”と檄を飛ばしているんだと思うことにします。

 オークスのパートナーは、桜花賞2着馬のリスグラシューです。馬の状態は文句なし。エンジンの掛かりが遅かった分、最後に差しきれなかった距離1600メートルの桜花賞と違い、今回の舞台は、距離2400メートルの東京競馬場。出走する全馬が初経験の距離だけに、一概に、有利不利を断言することはできませんが、僕たちにとって、マイナスではありません。

――今度こそ! ファンの方以上に、僕がワクワクしています。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算4000勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】G1を2勝。五月晴れのゴールデンウィークでした!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.