日刊大衆TOP 娯楽

【G1オークス】桜花賞は馬場&展開ともに不利だったアドマイヤミヤビが捲土重来「週刊大衆本誌 今週の決断」

[週刊大衆2017年05月29日号]

【G1オークス】桜花賞は馬場&展開ともに不利だったアドマイヤミヤビが捲土重来「週刊大衆本誌 今週の決断」

 1~2番人気が負けたことで波乱となった桜花賞。勝ったレーヌミノルは、稍重発表ながら力のいる馬場だったこと、絶妙な位置取りで抜け出したことが勝因。力が上だとは言い切れない。しかも今回は3歳牝馬には過酷な2400メートル。元来、スピードタイプの馬。東京の長い直線で馬群に沈むシーンが見えてしまう。

 そこで本命はアドマイヤミヤビ。桜花賞では2番人気ながら出負けしたうえに、直線では大外を回らされる不運な展開。マイルも適性的には短すぎた。もともとオークス向きといわれており、同じ東京競馬場でのクイーンCでは桜花賞馬レーヌミノル、NHKマイルC馬アエロリットに完勝している。父ハーツクライだけに距離延長は大歓迎。桜花賞での不可解な惨敗から捲土重来を期す。

 対抗は同じくハーツ産駒のリスグラシュー。もともと、2歳の育成段階から牧場からは「オークス狙い」と断言されていたほど。東京競馬場ではアルテミスSを楽勝していることから、長い直線で◎と一騎打ちの叩き合いを演じるとみる。

 ソウルスターリングは位置取り、仕掛けともに申し分ない展開での3着。正直、成長度合いへの疑問を抱かせるものだった。△まで。

 穴には前走惨敗した分、人気を下げるが、力はある▲ホウオウパフューム。脚をためる競馬で新境地を開いた★ハローユニコーン。器用な△モズカッチャン、長くいい脚が魅力の△ブラックスビーチを指名する。

【G1オークス】桜花賞は馬場&展開ともに不利だったアドマイヤミヤビが捲土重来「週刊大衆本誌 今週の決断」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.