日刊大衆TOP 娯楽

【G1オークス】桜花賞1~3着を重視すべし! 過去10年馬券外は2度のみ「須田鷹雄 レース傾向分析」

[週刊大衆2017年05月29日号]

バナー

 オークスの過去10年の前走レース別成績を調べると、トップは、桜花賞組で[8・5・4・64]。ついで忘れな草賞[2・0・0・9]、フローラS[1・4・4・32]となる。ちなみに、スイートピーSは[0・0・1・24]で連対馬がいない。

 今年は忘れな草賞の勝ち馬が3番人気だったハローユニコーン(忘れな草賞組でオークスを勝った2頭は前走1、2番人気)。フローラSは12、10、2番人気の決着という波乱。こうなると桜花賞組を中心に組み立てたほうがよさそうだ。

 フローラS組は、3番人気以内だった馬がオークスで[1・4・3・11]なのに対し、フローラS4番人気以下からオークスという馬は[0・0・1・21]。フローラSで連対してきた馬でも[0・0・1・6]。となると、モズカッチャン、ヤマカツグレースではなく、3着のフローレスマジック、大敗したが、出走権を得られそうなホウオウパフュームを狙うべきだが、それもヒモを前提にした話である。

 それでは、軸にする桜花賞組にはどう考えたらよいか。桜花賞1~3着馬のオークス成績は過去10年[5・4・4・12]で、該当馬が馬券に絡まなかったのは13年と07年しかない。後者は該当馬が1頭のみと、よほどのことがない限り、1頭は馬券に絡むと考えていい。

 今年の場合、桜花賞馬レーヌミノルはいかにも距離が不安。ダイワメジャー産駒はこの原稿を書いている時点で芝2400メートル以上で14勝しているが、すべて条件戦でのもの。オープン特別・重賞での芝2400メートル以上だと[0・1・2・27]だ。

 そうなると、リスグラシューかソウルスターリング。ハーツクライ産駒のリスグラシューのほうが距離面での安心感はある。ソウルスターリングは、母スタセリタがヴェルメイユ賞を勝っていてスタミナの裏づけはあるが、父フランケルが最強マイラーであることを考えると、距離延長がプラスに働かない可能性もある。

 ただリスグラシューも馬格のない馬なので、輸送をこなせるかどうかは心配。馬体重に注意してほしい。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

【G1オークス】桜花賞1~3着を重視すべし! 過去10年馬券外は2度のみ「須田鷹雄 レース傾向分析」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.