日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ「本当にお金がない時」の手堅い勝ち方【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第56回 お金がないときに打つ台

 安定した会社員の仕事を辞め、フリーのパチンコライターとして活動し始めてから、丸7年が過ぎました。フリーになってわりとすぐに、CS放送でのレギュラー番組をやらせてもらえたこともあり、デビュー時から順風満帆だったように思われがちな私のパチンコライター生活。でも、最初はかなりギリギリの生活を送っていました。

 パチンコ雑誌の編集部員時代は正社員ではありましたが、勤めていた期間が3年と短かったため、退職金はゼロ。しかも超がつく薄給で、誌面に掲載するためのパチンコ実戦も自腹。そんな会社員生活でお金が貯まるハズはなく、貯金もゼロ。さらに職もナシ。かろうじて借金がないだけで、まさに無一文、裸一貫な状況でした。

「お金がないならパチンコで食えば良いじゃない」と思われるかもしれません。しかし、パチンコを打つにも元手がないのです。パチンコは勝ったり負けたりを繰り返しながら、長期的にプラス収支を目指していくもの。まがりなりにもパチンコ攻略誌を作っていた経験があるので、「勝ち方」についてはそれなりに知っていたつもりです。

 でも、「勝ったり負けたり」の「負けたり」が先にやって来てしまえば、私の人生はそこでゲームオーバー、一発レッドカードのギリギリな状況。ただそれでも、時間だけはあり余る私にできるのは、パチンコを打つことくらいだったのです。

 私が持ち合わせていた軍資金は、微々たる失業手当のみ。ですので、機種選びは慎重に行いました。当時、2010年頃に勝ちやすいといわれていた機種といえば、打ち方次第で出玉が増やせた『CRびっくりぱちんこ爽快水戸黄門2』や、人気の『ぱちんこCR北斗の拳 剛掌』『CR牙狼』でしたね。しかし、どれもこれも大当たりしにくく、軍資金に余裕がない私が、手を出しづらい機種ばかりでした。

 そんな中、私が打ったのは、『CRA大海物語スペシャルwithアグネス・ラム』と『CRシャカRUSH G』でした。この2機種を選んだ理由は、大当たり確率によるところが大きかったですね。前者は大当たり確率が約99分の1の甘デジスペックですし、後者は大当たり確率約159分の1のライトミドル。つまり、大当たりしやすいわけです。

 しかもST(回転数制限の確変)突入率はどちらも100%なので、比較的収支は安定します。軍資金が乏しいうえに、生活がかかってましたから、「安定して勝てる」スペックを選ぶことを、何よりも優先していました。

 ホントは当時猛烈にハマっていた『CRヴァン・ヘルシング~ハンティングラッシュ~』を打ちたかったのですが、その気持ちをグッと抑えて(たまに抑えられないこともありましたけど)辛抱強く打ったからこそ、今、健康で文化的な生活を送れているんじゃないかと思います。

 幸いその後、フリーライターとしての仕事が軌道に乗り、プライベートで“荒い”機種を好き勝手に打てるくらいまで余裕はできました。でも、もし今、また無一文で社会に放り出されてしまったとしたら……。背筋が凍るほどゾッとする話ですが、仮にそんな状況に置かれてしまったなら、私はこの台を打つんじゃないかなぁ。

center
ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱
(Sammy)
◆大当たり確率:1/95.8
 →ST中:1/10.0
◆ST突入率:0.5%(10回転)
◆ST連チャン率:約65%
(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOL-127
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy

『ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱』でございます! おなじみの大人気機種『真・北斗無双』の兄弟機、いわゆる遊びやすいバージョンですね。大当たり確率は約95分の1と、ミドルスペックの約3倍当たりやすい仕様になっているので、あまり軍資金がないときでも比較的手を出しやすいかと。

 この手の遊びやすいスペックの台は、ホールに導入されても1、2台ということが多いのですが、この『~夢幻闘乱』は5台以上のまとまった台数で導入している店もちらほら見かけます。大ヒット機種のバージョン違いですから、ホールは「きっと人気が出る」とふんで期待しているのでしょう。実際に客つきも良いですし、人気の高さは文句ナシ!

 ……ということは、ホール側も長期稼働を見越して、“勝ちやすい調整”にする機会が多くなると予想できます。この機種が「甘すぎて勝ちやすい調整にしづらい」というホールからの声もあるようですが、それでも他の甘デジ機種に比べれば、狙い目となるチャンスは多いかと思います。

 しかも『~夢幻闘乱』の素敵なところは、大当たり確率が甘いのに、爆発力まである点なんです♪

 実は本機、初当たりの約99.5%が、確変に入らない通常大当たり。いってしまえば、最初の大当たりは、ほぼすべて「ガッカリ当たり」なのです。しか~し! そのぶん、もちろん見返りがあります!!

 カラクリのタネは、時短中の引き戻しにアリ。初回大当たり時には必ず電チューサポートが30回(まれに100回)つくのですが、そこでもう一度大当たりを引くことができれば、ST10回転+時短90回転がゲットできるのです!! ST間のみの連チャン率は約65%と、継続率もそこそこ。しかもSTをスルーしてしまっても、90回転の時短で大当たり確率約95分の1をもう一度引くことができれば、またST+時短をゲットできちゃうってワケです。なんか簡単に感じちゃいますよね! 

 実際、10連チャンくらいならちょくちょく見ますし、中には一撃1万発オーバーなんて強者も!? 甘デジコーナーに設置されている機種の中では“ハイリスクハイリターン”ではありますが、大当たり確率が約319分の1のミドルタイプ機種に比べると、遊びやすいのは間違いないですね。

 金欠のときでも、機種選びさえしっかりすれば、堅い勝ちを目指して立ち回ることは可能! お財布と相談して、TPOに合わせた賢い機種選択を心がけてくださいね。では、GOOD LUCK!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコ「本当にお金がない時」の手堅い勝ち方【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.