日刊大衆TOP 芸能

山本美月「絶対に嫌」千鳥ノブの“プロポーズの言葉”を全否定

山本美月「絶対に嫌」千鳥ノブの“プロポーズの言葉”を全否定

 5月11日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、千鳥のノブ(37)が出演。恋人にかけた言葉を紹介したのだが、ゲスト出演していた女優の山本美月(25)がドン引きしてしまう場面があった。

 この日、番組では20代半ばの悩みについて、山本やHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)らがトークを展開。この中でノブは24、5歳の頃の悩みとして、2007年に結婚した現在の妻に、「プロポーズしたらぶん殴られた」と明かした。

 そのプロポーズはかなり変わっていた。ノブと妻とは高校時代からつきあい始め、それまでお互いに他の人とつきあったことがなかったと説明。そして結婚したい気持ちはあったのだが、「俺らは一生お互いしか知らんのかと思ってきて。はたしてそれでいいんかと思って」、ある提案をしたのだという。ノブは「おまえとは結婚する。絶対結婚するけど、2、3年別れていろいろ遊ぼう。いろいろちょっと俺も遊ぶから、おまえも遊んでもいいよ。3年後に再会して結婚しよう」と言ったところ、「思いっきりビンタされた」のだという。

 このノブの発言に出演者たちからは「それはそうだ」とノブの妻に同情する声が上がった。そして嵐の櫻井翔(35)から意見を求められた山本は「嫌です。絶対に嫌です」と、顔をしかめながら即答。ノブが「生涯1人、俺ですよ? いろんな男いるんですよ? 35億人ぐらいも男いるんですよ。その中でノブしか知らずに死んでいくときの最後の枕元、どうですか?」と聞くも、美月は「好きだったらそれでいい」と答え、その毅然(きぜん)とした答えにスタジオでは拍手が起こっていた。

「ノブのゲスな発言に顔をしかめていた山本ですが、漫画『鋼の錬金術師』の登場人物、エドワード・エルリックがタイプと公言するなど、ガチのオタク。それもあってか、これまで熱愛の噂というのは流れたことがありません。そんな彼女も25歳ですから、そろそろ浮いた話が出てくるんじゃないかと期待しているんですが、休みの日は基本引きこもりでアニメ三昧らしいので、当分はなさそうですね」(芸能誌記者)――アニメが恋人!?

山本美月「絶対に嫌」千鳥ノブの“プロポーズの言葉”を全否定

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.