日刊大衆TOP 芸能

矢口真里「雰囲気は最悪」モー娘時代のメンバー対立を暴露!

男性の衝動をかきたてるのは“香り”だった
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

矢口真里「雰囲気は最悪」モー娘時代のメンバー対立を暴露!

 5月13日放送の『こんなところにあるあるが。土曜あるある 晩餐会』(テレビ朝日系)に、タレントの矢口真里(34)が出演。「モーニング娘。」時代に、メンバー間に対立があったことを明かし、お笑いタレントの今田耕司(51)、HKT48の指原莉乃(24)を驚かせる場面が見られた。

 この日は、“活躍した女子チーム 私たちこんなに大変な目にあってきましたあるある”と題し、モー娘の元メンバー4人が全盛期の思い出などを語り合った。まず最初の“チームには絶対服従しなければいけない恐怖のボスがいた”というテーマでは、2期生の保田圭(36)と4期生の吉澤ひとみ(32)が、初代リーダーを務めた中澤裕子(43)の“ボス”っぷりを示すエピソードを紹介し、現役時代の厳しい上下関係が次々と明らかになる展開になった。

 保田によると、中澤は誰かに自分の前を歩かれることを嫌っていて、メンバーと移動するときも常に先頭を歩いていたという。ところが、モー娘に加入してまもなかった吉澤が、その事情を知らずに中澤の前を歩いてしまったそうで、「なんで前を歩いているんだ?」と中澤から怒られるハメになったのだという。また、グループ内で先輩メンバーは絶対的な存在だったため、吉澤は、先輩で2期生の矢口から「(髪型が)今日かぶってるから」と言われて、すぐに髪型を変えたエピソードを披露。これを聞いた矢口は覚えてないとしながらも、「たぶん言ったと思います」とその当時を振り返り、吉澤に対して申し訳なさそうな表情を浮かべていた。

 また、そんな矢口も加入当初は、1期生の石黒彩(39)らから冷遇されていたとし、それを聞いた石黒も突然加入してきた2期生にとまどいがあったようで、「ちょっと冷たく当たったような気はします」と、事実を認めていた。矢口は当時について「仕事行きたくなくなるぐらい、現場の雰囲気は最悪でしたね。最初の頃はずっとピリピリしていて」と語り、食事のテーブルも1期生と2期生は別だったことを明かした。

 さらに、矢口はそんな雰囲気と忙しさからくるストレスで心のバランスを崩し、自宅の洗面台に頭を打ちつけていたと告白。モー娘のファンだという指原は、「泣きそうになる……」と目を潤ませていた。また、矢口は吉澤がストレスのあまり、自分の携帯電話を壁にこすり続けていたと暴露し、吉澤はこれに「どこの壁が一番削れるんだろう(と思って)」と不可解な理由を説明し、今田らを驚かせていた。

「メンバーであってもライバルですから、グループアイドルに多少の対立があるのは、しょうがないことでしょう。ちなみに番組のMCを務めていた指原は、AKBに対立はないと言っていましたが、まぁ、素直にその言葉は信じられませんよね。AKBも今回のモー娘OGのように卒業してしばらくすれば、いろいろな暴露話が出てくるんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――今はまだ話せないだけ!?

矢口真里「雰囲気は最悪」モー娘時代のメンバー対立を暴露!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 日刊大衆TOP 女性向け いつも彼氏がいる女性には秘密があった!

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.