日刊大衆TOP 芸能

みやぞんが、有吉弘行を“尊敬する芸人”1位に選んだ意外なワケとは?

みやぞんが、有吉弘行を“尊敬する芸人”1位に選んだ意外なワケとは?

 5月12日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、ANZEN漫才のみやぞん(32)が出演。尊敬する芸人の1位を有吉弘行(42)とし、その理由を語った。

 この日、“うぬぼれ注意! 芸人リスペクト番付”の企画で、内容を知らされないまま収録に呼ばれたみやぞんは、悩みながらもランキングを作成。有吉を含む10人のお笑い芸人が自身の順位を予想した後、みやぞんのランキングが発表された。

 ランキングは1位から発表され、MCを務めるロンドンブーツ1号2号の田村淳(43)が有吉の名前を呼ぶと、有吉は「えー!?」と驚き、「謎よ、謎! うれしいけどね」「いや、ありがとう、ありがとう!」とうれしそうな表情を見せた。淳から有吉を1位に選んだ理由を聞かれたみやぞんは、有吉が猿岩石時代に歌っていた『白い雲のように』が大好きだからと回答。これを聞いた有吉はみやぞんが歌をネタにしていることから、ランキングには音楽的な理由があると予想していたようで、「ほら!」と得意そうな顔をしていた。

 みやぞんは『白い雲のように』を、カラオケでいつも歌っており、今でもつらいロケのときに聞いていると明かすと、これを聞いた有吉は、「やっとくもんだな、いろいろ、うん」と、納得した表情に。さらにみやぞんが「MCとかやられてるときも、言いたいことズバっと言えてステキだな~と思って」と理由を説明すると、淳らも納得した表情を見せていた。

 ちなみに有吉以下のランキングはこのようになった。2位=後藤輝基(42)、3位=千原ジュニア(43)、4位=土田晃之(44)、5位=中川礼二(45)、6位=カンニング竹山(46)、7位=山崎弘也(41)、8位=陣内智則(43)、9位=濱口優(45)、10位=藤本敏史(46)。

「この日のみやぞんは、10位に藤本を選んだ理由として“雰囲気は1位、中身は10位”と語るなど、かなり失礼な発言をしていたんですが、みやぞんならではの発言としてしっかり笑いになっていました。プロの芸人でも予想しにくい発言が飛び出すこの天然ぶりは、最近の若手では突出した逸材です。活躍はまだまだ続きそうですね」(お笑いライター)――2017年の顔になるのは、ほぼ決まり!?

みやぞんが、有吉弘行を“尊敬する芸人”1位に選んだ意外なワケとは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.