日刊大衆TOP 芸能

古舘伊知郎アナ「炎上発言にズレた謝罪」で、さらに批判殺到!

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

古舘伊知郎アナ「炎上発言にズレた謝罪」で、さらに批判殺到!

 5月13日放送の『おしゃべりオジサンと怒れる女』(テレビ東京系)にフリーの古舘伊知郎アナウンサー(62)が出演。自身が起こした炎上騒動に謝罪する一幕があった。

 この番組は4月から始まった新番組で、内容は古舘アナと千原ジュニア(43)と坂上忍(49)の3人がMCを担当し、女性ゲストと彼女たちが怒っているテーマについてトークを繰り広げるというもの。ジュニアは番組冒頭に「古舘さんが大変なことになってるらしいです。炎上してはるんですって」と話を振ると、古舘アナは苦笑い。千原は続けて「『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、声優でアニメソングを歌うグループがいるんですって。そういう人たちが出て、そういう人たちが“何なんだ?”みたいなことを、ラジオかなんかでおっしゃったんですよね?」と質問すると、古舘アナは「はい」と返答。

 ジュニアはさらに「“タモリ(71)さんも困ってたで、あいつらは~”みたいな。“特になんか、真ん中でしゃべってた、あの子なんやねん”みたいなことを、けっこうラジオで言いはったんですって。で、炎上してるんですって」と、事情が分からない坂上に事の経緯を説明。そして「その真ん中でしゃべってた、“なんだあいつは?”って古舘さんが言うてたの、この番組のナレーターなんです」と衝撃の事実を二人に告げた。

 これにはさすがの古舘アナも「えー……?」と困惑。番組では、ナレーターである尾崎由香(24)が大人気アニメ『けものフレンズ』の主要キャラ、サーバルを演じた声優で、主演舞台も決まるなど大ブレイク中だという説明テロップが流された。

 坂上は「ちょっとそれは古舘さん、まずいですよ~」とつつき、古舘アナも「いや~反省するわ」とテンションが下がった様子を見せた。ジュニアが「(尾崎は)もちろん(番組を)見たはりますから、ナレーションつけてくれたはるんですから、ちょっとひと言謝ってください」と謝罪を促したところ、古舘アナは「心を入れ替えて、今日からやり直したいと思います」と謝罪。

 すると途端に、尾崎の「分かった、許してあげる!」という録音済みのナレーションが流れ、古舘アナは驚愕しつつもホッとした表情を見せた。しかし古舘アナはその後「そんな特定の人をけなしてないからね」と苦しい言い訳をしたり「まったくアニメソング興味ないから」と開き直るなど、アニメファンを刺激する発言を連発していた。

「千原ジュニアの説明が中途半端なので、分かりにくいのですが、ラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、古舘伊知郎アナは『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を見た感想として、アニメ『けものフレンズ』の主題歌を歌う声優グループ『どうぶつビスケッツ×PPP』に対して、“アニメとかをやってるから、声がギンギン、ギンギンイラつくような声で”と印象を述べました。そして、彼女たちの質問に対し“何も答えないの、タモさん”と語り、“タモさんが小さく言った言葉を、拾ってんの、マイクで。タモさんひと言、何なんだよ、って言ったんだよ”と、発言したことが、炎上した理由です。ネット上では“そんな雰囲気ではなかった”、“タモリはそんなことは言っていない”、“捏造(ねつぞう)だ”という指摘が多く上がりました。ちなみに録画を確認したところ、古舘アナが言うような、タモリの「何なんだよ」という発言は確認できませんでした。今回の古舘の謝罪は、声優の尾崎だけに向けられたもので、タモリの発言や番組の内容を自分が捏造したことには触れていなかったため、さらに炎上が加速しています」(ウェブジャーナリスト)――キャスターなら、正確な事実を把握することが大切!

古舘伊知郎アナ「炎上発言にズレた謝罪」で、さらに批判殺到!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.