日刊大衆TOP 芸能

西村修「自分を追い込むことは、精神修行の一環だと思っています」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2017年06月05日号]

西村修「自分を追い込むことは、精神修行の一環だと思っています」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 前回に続いて、プロレスラーであり、東京都文京区の区議会議員でもある西村修さんとの対談です。新弟子時代のすごいエピソードに私はガク然とするばかり。そんな西村さんは現在、区議会議員としても活躍中。「食育」を第一にした政策を掲げていらっしゃるんです。まずは、新弟子時代のお話の続きから。

西村「僕は一度もないですが、道場生活があまりにもキツいので、逃げ出すやつもいましたね」

ゆま「気持は分かります」

西村「天山(広吉)は、一度逃げて出戻ってきていました。なのに、また逃げると言うんです。“西村さん、お世話になりました。僕は今日、夜逃げします”って。僕も“お互い違う道に進むけど、また会おうな”って別れの言葉をかけて」

ゆま「なんか、いい話」

西村「でも、翌朝起きたら、隣で普通に天山が寝ているんですよ」

ゆま「え~!! 逃げないと」

西村「そうですよね。なんでも、疲れすぎて寝ちゃって、そのまま朝を迎えてしまったそうで。数時間後には、また一緒にスクワットしていましたよ(笑)」

ゆま「天山さん、最高です(笑)。そろそろ議員活動のお話も。西村さんは“食育”に力を入れられています」

西村「そうなんです。ですが、もともと、僕は完全な欧米型の食生活だったんです。プロレスラーになった頃は体も小さかったので、肉やら牛乳ばかり摂って、大きくしようとしていました。アメリカで武者修行していたときも毎日、牛乳を4リットルは飲んでいました」

ゆま「4リットルって…」

西村「今から思うと、ひどい食生活でしたね」

ゆま「西村さんの食育政策を読ませてもらったんですが、とにかく学校給食から牛乳をなくすべき、と」

西村「ええ。本当は牛乳を排除したいんですが、なかなか難しい。それでも私が区議を務める文京区では、ようやく1学期に1日だけ、学校給食の完全和食の日を作ることができました」

ゆま「私も昔から思っていたんです。なんで、給食は“牛乳とごはん”なのかって。合わないですもんね」

西村「そもそも日本人が牛乳を飲み始めたのは戦後。アメリカが大量に輸出してきたんです。確かに当時の日本は食糧不足だったんですが、アメリカが半ば無理やり持ち込んだんです。ただ、今は違いますよね。でも本来、牛乳は牛の赤ちゃんが飲むものであって、人の飲み物としては適していないんです」

ゆま「その土地で作られたものを食べたほうが良い」

西村「その通りです。だから私は、学校給食を改善したいんですね。そのために議員になったんです」

ゆま「なるほど。でも、そう考えるまでの西村さんはむしろ、欧米型の食事が良いと思っていたんですよね。考え方が変わったキッカケは何だったんですか?」

西村「僕自身が26歳のときに、がんになったんですね。後腹膜がんです。左足の付け根あたりにしこりができて、とりあえず手術となったんですが、医者に言わせると、ミクロの世界でがんが広がっているかもしれないので、放射線を当てましょう、と」

ゆま「放射線治療だったんですか?」

西村「いえ。それをやると、骨髄まで焼くので体力が落ちる。つまりプロレスはもうできない体になると言われたので、断りました。結局、最低限の手術だけをして、あとは経過観察という形にしたんです」

ゆま「そうだったんですね……食事の改善を始められたのは、その頃からですか」

西村「はい。いろいろと調べると、大事なのは、やはり免疫力を上げること、血液をきれいにすることなんですね。そのために、イタリアの農家にホームステイしたり、台湾で漢方薬の勉強をしたり、インドで体質改善に挑んだりしたんです」

ゆま「すごい! ありとあらゆるものを試されたんですね。その中で日本人は、やはり昔からの和食が一番良い、という結論に?」

西村「そうです。その結果、体調も良くなって、プロレスにも復帰できたんです」

ゆま「ただ、トレーニングする人はプロテインなど、タンパク質をたくさん摂ると聞いたんですが……」

西村「お米にもタンパク質は含まれているので、無理に肉を食べる必要はないんです。実際、私はトレーニングをしながら“おにぎりと味噌汁”だけの生活をしたことがあるんですが、4日目には自分でも驚くほど体が軽くなり、コンディションも良くなりましたよ」

ゆま「和食で十分なんですね。とはいえ、やっぱりストイック。西村さんは、常に自分を追い込んで磨いている感じがします」

西村「自分を追い込むことは、精神修行の一環だと思っていますから」

ゆま「私ではとても真似できないかも。たまには、息抜きもされるんでしょ?」

西村「もちろんです。昔からスノーボードが好きで、今も冬場、時間があれば、越後湯沢に行って滑っています。夏は九十九里の海で楽しむのが趣味ですね」

ゆま「アウトドア派ですね!」

西村「あとは、バー巡りも。静かな雰囲気の中で飲むのが落ち着くんですね」

ゆま「ステキ! ホテルのバーとかですか?」

西村「はい。高級なイメージもありますが、意外と、そういうバーでもハッピーアワーに行けば、安い値段で飲めるんです。ちなみに私は、そうした情報をよくネットでチェックして行くようにしています」

ゆま「アハハ。プロレス時代のハチャメチャな話から、真面目な食育の話、でも、ふだんはハッピーアワーをチェックしているかわいさ。第一印象の最悪なイメージとは、私の中で西村さんが別人になりましたよ(笑)」

西村「いやあ、最後にもう一度。あのときは本当に申し訳ありませんでした!」

西村修 にしむら・おさむ
1971年9月23日、東京都文京区生まれ。高校卒業後の90年に新日本プロレスに入団。91年にデビュー後、93年にはアメリカに武者修行に出発。98年にがん宣告を受けるが、00年に復帰を果たす。現在は全日本プロレスにスポット参戦しながら、文京区議会議員を務める。現在2期目。

麻美ゆま あさみ・ゆま
1987年生まれ、群馬県出身。セクシーユニット『恵比寿マスカッツ』のメンバーとしても活躍。現在はタレントとして活動。待望の初のミニアルバム「SCAR Light EP」(ポニーキャニオン)は絶賛発売中!

西村修「自分を追い込むことは、精神修行の一環だと思っています」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.