日刊大衆TOP 芸能

香取慎吾「終わりじゃない」今後の芸能生活に前向きな決意

香取慎吾「終わりじゃない」今後の芸能生活に前向きな決意

 6月7日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)に、元SMAPの香取慎吾(40)が出演。20年前に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の企画で津軽鉄道の列車の車体に描いた絵を修復し、この20年間を振り返る場面が見られた。

 1997年9月に放送された『SMAP×SMAP』で、香取は青森県津軽地方の子どもたちと一緒に、津軽鉄道の列車に絵を描いた。この列車は絵が描かれてから3年間運用され、その後、屋外に展示されていた。しかし20年がたった現在、劣化が進んでしまったため、津軽半島観光アテンダントから修復が依頼されたのだ。

 列車が置かれている駅に着いた香取は、自身が絵を描いた列車を目にすると思わず「あ~! ボロボロじゃん!」と、その劣化具合に驚く。さらに香取は列車を見ながら「想像よりボロボロだけど、こんだけボロボロになるぐらい20年、俺(も)頑張ってきたんだなっていう感じがするな」とコメント。続けて「これから先、頑張るためにはやっぱ、今日来るべくして来たのかなと。(車体を)できるところまできれいにしないと、これから先、進めないんじゃない?」と、自身と列車の20年を重ね合わせ、修復作業に意欲を示していた。

 番組の終了間際、香取らによる修復が終わり、番組スタッフから「香取慎吾にとって、この20年間をひと言で表すと?」と質問された香取は「人生トレーニング」と回答。そして「これ以上ないんじゃないかっていう楽しいことを経験したり。つらいこと、苦しいこともこれ以上ないんじゃないかっていうことを経験したり。まだまだもちろん大変なこともあるとは思うけど、なんかこう、こういうこと聞かれて考えてみると、本当に良いことも悪いことも、いっぱい経験できた20年だったから。それがそこで終わりのことじゃなかったんだなっていうか、それがあってこそのこれからなのかなと」と、しみじみとした様子で過去を思い返していた。また、最後にスタッフから「これからが人生の実践?」と聞かれると、「そんな感じかな」と笑顔を見せた。

「香取は番組内で列車を修復しながら“けっこう自由にやれたよ、20年”と言ったり、SMAPの5人を思わせるような星を描いたりして、ファンからの反響も大きかったようです。SMAPの解散以降、精神的に落ち込んでいるという噂が流れていましたが、再出発を誓うような香取の言葉に、ホッとしたファンも多いんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――今後に注目!

香取慎吾「終わりじゃない」今後の芸能生活に前向きな決意

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.