日刊大衆TOP 芸能

元SMAP香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎はジャニーズ退所も…中居正広「突然の残留」ウラ事情

[週刊大衆2017年07月10日号]

元SMAP香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎はジャニーズ退所も…中居正広「突然の残留」ウラ事情

 <元SMAP、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、ジャニーズ事務所と契約終了>

 6月19日の早朝4時、報道各社が一斉にニュースを報じた。ワイドショー関係者が次のように言う。「6月初めに3人がそれぞれ事務所を訪れ、9月以降のマネジメント契約の更新をしない旨を伝えたと、女性誌が報じていたので、正式発表は近いと思ってました。“19日4時に情報解禁”という内容のお達しは、18日の夜に届いたんです」

 だが、“3人退所”という部分に疑問を感じた人も多いのではないか? それもそのはず、昨年12月末の解散の際は、元チーフマネージャーのI氏の後を追い、事務所を辞めようとしていた前出の3人と中居正広(44)の“離脱組”4人と、それを拒否した“残留組”の木村拓哉(44)で、4対1に分かれていたからだ。「3人退所で、3対1対1になります。中居は残留するので、木村と同じ立場になりますが、“2”にはなりません。中居と木村の関係はもう“終わって”ますからね」(女性誌記者)

 3分裂したSMAP。ちなみに最近の仕事は、中居の独り勝ちといえる。「9月で事務所を辞める3人は契約の問題もあり、ヤル気がない。新規の仕事はすべて断っているといいますし、事務所で取った仕事はほとんどが終わるそうです。香取の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)はすでに終了が報じられていて、『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)も終了予定。草なぎの『ブラタモリ』(NHK)のナレーションは大御所のタモリの手前、継続するようですが、稲垣のものも含め、ほぼ打ち切りでしょう」(前同)

 一方、残留組の木村だが、4月29日公開の映画『無限の住人』が大惨敗。「興行収入は10億円前後で終わりそう。木村は、80億円超えの『HERO』他、40億円超え作品をいくつも生み出していますから、解散騒動のダメージがより際立ちましたね」(同)

 さらに木村は、6月20日に東京・調布市で車の玉突き事故を起こしてしまった。当人は「考えごとをしていてブレーキから足を離してしまった」と話しているが、悩みは多そうだ。

 一方、新・残留組の中居は絶好調で、「司会のバラエティ番組は週5本。今年に入り、新CMも始まるなど仕事は増える一方」だが、それが「今回の電撃残留に至った理由」と芸能プロ関係者は語る。「中居は、このまま仕事を続けたいという思いが強くなったようだね。退所となると、彼といえども終了せざるをえない仕事が出てくる。実は1年前、中居は香取らに“退所は1年待ってくれ”と言っていたそうだ。だから、3人は待った。で、1年後の結論が、こうなったということだね」

 中居の残留は、金銭的にはもちろん、木村一人を悪者にしたくない事務所にとって、歓迎すべきものだったという。退所の3人には、元チーフマネージャーのI氏の下、中国デビューの噂もある。元メンバーたちの運命は、いかに。

元SMAP香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎はジャニーズ退所も…中居正広「突然の残留」ウラ事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.