日刊大衆TOP 芸能

新海誠監督“噂の愛人?”に独占インタビュー! 高畑充希似の超美人「君の名は?」

新海誠監督“噂の愛人?”に独占インタビュー! 高畑充希似の超美人「君の名は?」

 昨年大ヒットし、日本の歴代興行収入ランキング4位となった劇場用アニメ『君の名は。』の新海誠監督(44)に、先日一部スポーツ紙が不倫疑惑を報じた。新海監督は、すぐにツイッターで疑惑を完全否定したが、ネット上ではいまだにさまざまな臆測が飛び交っている。その“新海監督のお相手”と目される女性編集者の“実名”と“勤務先”を、日刊大衆編集部は独自にキャッチ。真相を探るため、記者が直撃取材を敢行したーー。

 勤務地だという新宿にあるタワービルは、IT系の職種が多いのか、首からIDカードをぶら下げた大勢のサラリーマンが、忙しそうに出入りしていた。館内の案内を見て、編集部があるフロアへエレベーターで上がる。フロア全体がコミックの編集部となっていて、かなり大きなオフィスのようだ。

 オートロックの自動ドアに備えつけてある館内電話から、事前に聞いていた編集部に電話をかけ、噂の女性(以下、Zさん)を指名すると「その方は別の編集部ですね」とのこと。情報は不正確だったが、その女性は明らかに在籍していることが分かった。指定された別の編集部に電話をかけ直し、Zさんの名前を出すと「今、そちらに行きますから」とひと言。

 本人なのか、それとも同僚か。これだけ報道が大きくなっているので、こわもてのボディガードが“行きます”ということなのかもしれないと、身構える。しかし、まもなく現れたのは、肩も隠れるロングストレートヘアで、朝ドラ『とと姉ちゃん』の高畑充希似の美女だった。まさか。よく似ている。君の名は。

ーーZさんですか?

Zさん:(コクリとうなずく)

ーー(おお。本人が直接来るとは)双葉社の日刊大衆の記者ですが……。

Zさん:(とまどいながら)えっ、それって。

ーー話題のニュースの件で。

Zさん:ああ、そうなんだ。

ーー新海さんのことですが、お相手がZさんと聞いて。

Zさん:あ、ええ、はい(明らかに認めている)。こうやって、記者って来ちゃうんだ、初めて……。

ーー真相が知りたいんです。

Zさん:あ、いえ、あちらがブログで出した通りなんです。何もないですよ。

ーー知り合いの関係でおられるということですが。

Zさん:そうですね、私もコミック誌の編集者として、知り合いは多いんですが、監督さんとも、あの映画のずっと前から親しくさせてもらっていました。……ここじゃ、変ですから、下に。(オフィスの玄関で立ち話をしていたので、下のフロアに移動することに)

Zさん:どうして私が、何で~~。

ーーご自身が、監督さんと知り合いだということを、誰かにお話になったとか。

Zさん:う~ん、確かにいろいろな打ち合わせの席で、あの映画の話になると、「私、面識ある監督さんだから」って、それは何度か話したことはありますよ。もともとは、監督さんとコミックの仕事ができればと思っていたんですが、「マンガはやらないよ」と言われてしまって。でも同じ業界ですから、情報交換とか、仕事の打ち合わせみたいなことで、会うことは多かったですよ。

ーー新宿御苑とか、新宿三丁目とか、監督の映画の中にもこの辺りがよく出てくるようですね。

Zさん:たまたまですよ。編集部も監督さんもこの近くで、食事とか打ち合わせとか、この近くでしたから。

ーー同じ業界の、仕事上の関係だったということですか。

Zさん:ええ、その通りです。それだけのことなのに、スポーツ紙にあんなこと(不倫)とか書かれて、私どうしていいのかって、思っているところです。監督さんに迷惑かけたら悪いなあって……。でもこれって記事になるんですか?

ーーええ、そのつもりですが、こうしてお話いただいて、本当のところがよく分かりました。

Zさん:私、こんな取材になって、初めてです。だってスポーツ紙の人も、一切連絡ないままに、あんな記事になったんですから。まあ取材に来られても、困りますけれど……。記事にしないってダメですか?

ーーあくまで仮名にしますので。でも答えていただいたことは、ちゃんと記事にしたいと思っています。

Zさん:……ならば、小さくね。

 インタビューの合間に見せる愛嬌が、やはり『とと姉ちゃん』のときの高畑充希をほうふつさせる。30代で独身だと言っていた。新海監督に限らず一般的な40代の男性であればたとえ既婚者だとしても、仕事だけではなく、食事をしたり、ワインバーに行ったり、こんな癒し系美女と楽しい時間を過ごしたいと思うのはしかたないだろう。しかし、新海監督との“不倫関係”については、きっぱりと完全否定されてしまった。この突撃取材の後、新海監督の所属事務所にもあらためて疑惑について確認したところ、監督側からも「一切そういった事実はございません」との完全否定の回答を得た。今回の不倫騒動の発端は、仕事の上とはいえ二人の親しい関係を羨んだ第三者から生まれた嫉妬にあったのかもしれない。(日刊大衆突撃オヤジ記者・T)

新海誠監督“噂の愛人?”に独占インタビュー! 高畑充希似の超美人「君の名は?」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.