日刊大衆TOP 娯楽

パチンコで「全然勝てない時」の対処法って? 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第58回 スランプとつきあう方法

 ついに暦は7月に突入。もう夏ですね! 夏といえば、身も気もよだつ怪談話の季節。あ~久しぶりに『怪談ぱちんこCR稲川淳二』が打ちたいなぁ。……じゃなくて! 確かに打ちたいけども、そんな話がしたいわけじゃありません。今回は、私が最近体験した「こわ~い話」をさせていただきたいと思います。

 堅勝パチンコライターを自称しているワタクシですが、実はここ1カ月ちょっとの収支、なんとマイナス25万5750円なんです………。しっかり勝ちを狙いに行ってコレなんですよ? 恐いなぁ~恐いなぁ~。このザマでよくも堂々と“堅勝”を語れるものですなぁ~。

 しかも、ここ40日間で勝った日はたったの5日。いや~恐い。ホント恐い。さらに、つい数日前も、『北斗の拳7転生』で朝から1000回転ハマリをくらったあげくに、出てきたのは単発大当たりだけと、不幸の連鎖が止まりません。これはきっと呪いです。呪いの7日間ならぬ呪いの40日間です。あぁ~『リング』の新台も打ちたいなぁ~。

 ……なんてざれ言はさておき、なかなか勝てない日々が続くことを、我々パチンカーも「スランプ」と呼んでいます。そしてこの「スランプ」こそが、我々パチンカーにとってはどんな幽霊よりも恐ろしい存在なのです。

 でもまぁ、これぐらいのスランプなら、わりとよくあるレベルの負け話で、人生最恐の「こわ~い話」とまではいかないんですよね。もう十ウン年、パチンコと連れ添っているんですから、これ以上に手痛いスランプは何度も経験しています。この仕事を始めて以来、初めて年間収支がマイナスになってしまった昨年なんて、一年中通してスランプだったと言っても良いほどでしたし。「出産してからパチンコが弱くなった」とよく言われたなぁ。

 昨年は薄く長いスランプでしたが、パッと入ってサッと抜ける、彗星のようなスランプも経験したこともあります。もう6年も前の話になりますが、『踊るパチンコCRピンク・レディー2011』でのスランプは強烈でした。この機種の担当ライターだった私は、 当時メーカー直営店に先行導入されていた本機を、わざわざ名古屋までデータ採り実戦で打ちに行ったんです。


踊るパチンコCRピンク・レディー2011
(Daiichi)
◆大当たり確率:約1/299.8
 →確変時:約1/33.8
◆確変突入率:66%
(C)MHO ARTIST(C)KEI-OFFICE(C)NTV

 大当たり確率は約300分の1で確変継続率は66%と、当時のパチンコ台の中では、比較的波も穏やかで安定タイプの一台……のハズだったんです。しかし、実戦初日に1000回転ハマリを喰らってしまい、6万円オーバーの負債を抱える大惨事に(涙)。

「さすがにもう1000ハマリはないだろう」と思って再び挑んだ翌日、悪いことは続くもので、今度はなんと1000回転を大きく上回る1600回転以上回しても大当たりナシ! こんなことって本当にあるんですね。こんな状況では記事にすることもできず、当初は2日間の予定だった実戦期間を、もう1日延長せざるをえない事態になりました。

 おかわり実戦をして、『ピンク・レディー2011』に挑んだ結果、どうなったと思います?

 2日間も不遇を喰らい続けていたんですから、さすがに勝ったハズ……普通はそうですよね? 結果はね、なんと3日で20万負けです。大当たり確率約400分の1のMAXタイプでもないのに、たったの3日で20万負け。

 そう、3日目も大ハマリを喰らったんですよ。しかもまた1600回転オーバー……。3日連続で1000ハマリを喰らう確率って、天文学的な数値らしいですよ。時がたてばスランプも勲章になりますが、この当時はお金もなかったし、データ採りも自腹だったしで本当にツラかったなぁ(涙)。

 実は、私と同じく日刊大衆でコラム連載中のパチプロ・アンドレさんも、その日たまたま同じホールで打っていらっしゃったんですが、「黙々と打つ背中が良かった」と、あの日のハナシを今でもされるほどです(笑)。

 パチンコは大当たり確率が約300分の1の台を打っても、必ず300回転回せば大当たりするわけではありません。座って1回転で大当たりするラッキーな日もあれば、私のように大当たりにそっぽを向かれ続けてしまうアンラッキーな日もあります。

 大当たりを重ね続けていき、最終的に平均すれば約300分の1の確率に落ち着く……というのがパチンコの本質。そして、アンラッキーが続いてしまうことが「スランプ」で、程度の差はあれ、パチンコを打っている人なら誰しもが避けることができない現象なんですよ。

 では、どうすれば「スランプ」を回避、はたまた脱出できるのか? ハッキリ言います。それは無理! どんなにスゴ腕のパチプロでも不可能です。ただ、スゴ腕のプロはスランプでの被害を最小限に抑える工夫はしています。

 アンドレさんのように、大当たり確率が高く、初当たりを引きやすい「甘デジ」をメインに立ち回ることもその一つ。ローリスクローリターンな甘デジは投資を抑えられますし、勝ち負けの波も穏やかなので、大勝ちが期待しづらいぶん、大負けをする可能性も低いというメリットがあります。スランプに陥ってしまっても、被害を最小限に抑えられるってわけですね。

 そうはいっても、スランプを見越して甘デジばかりを攻めるのは自分らしくないなぁ~。なんてお考えのアナタ! そんなアナタにオススメなのが「森本式」です。

 ここ最近、スランプが続いていて特にツラいときは、ある2機種を打つようにしていたんです。それは、『CR another』と『CR南国育ち 羽根』です。どちらも普通のデジパチ台ではありません。

 デジタル抽選がダメならアナログ抽選の台を打てばいいじゃない! と、モリー・レオトワネットが発言したかどうかは定かじゃありませんが、大当たりの抽選システムが少し変わっている台を打ってみるのは良い気分転換になるかなと。

 両機ともに共通しているのが、普通のデジパチ同様に液晶で図柄をそろえば、もちろん大当たりとなるのに加え、「V」と書かれた箇所に玉が入れば即大当たりという、羽根モノのような“アナログ抽選”も兼ね備えている点。

 スランプ中は液晶の図柄がなかなかそろわず、どうしてもイライラしちゃいますよね。それって、大当たり抽選が平等すぎるからじゃないでしょうか。一週間で20万勝っているイケイケのときでも、逆に20万負けているスランプの時期でも、パチンコ台の抽選は常に平等。無慈悲なんです。食堂のオバちゃんならこっそり大盛りにしてくれる場面でも、デジタルの抽選システムは冷徹なんですよね~。

 それがアナログ抽選だと、ちょっと様子が違います。実はパチンコの役モノって、少し“クセ”があったりするんですよ。外見はまったく同じでも、「大盛りにしてくれるオバちゃん」と「そうじゃないオバちゃん」がいるんです。冒頭でスランプ中に5日だけ勝ったと言いましたが、まさにこの「森本式」が成功した日なんですよ!

 なかなか勝てないスランプの時期は、気持ちを前向きに切り替えて、ダメ元で「森本式」を試してみては? それではGOOD LUCK!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコで「全然勝てない時」の対処法って? 【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.