日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】ルーツとなる土地で、G3「函館記念」2度目の勝利を!

[週刊大衆2017年07月24日号]

 いまさらですが、「脚質」という言葉をご存じでしょうか。これは、レースでの位置取り……勝つため、最大限その馬の能力を生かすためには、どの位置でレースを進めるのがベストなのかを示すもので、大別すると、逃げ・先行・差し・追い込みの4つに分けられます。

 ただ、すべてのサラブレッドがこの4つの枠にすべて収まるのかというと、それほど単純ではありません。たとえば、逃げ馬です。単騎で大逃げを打たないと、その能力を発揮できない馬に騎乗したときはまず、最高のスタートを決めること。次に、何が何でも逃げること。この2つに最大限の注意を払わなければいけませんが、性格を含めて、そこまで極端な馬は、それほど多くはありません。

 逃げるのがベストだと思うけど、逃げなくても競馬はできる――そんな馬に騎乗した際は、レース前にもあれこれ考えますが、実際は、ゲートを出てからどうするか、その作戦を決めるようにしています。トウケイヘイローをパートナーに、初めて「函館記念」を勝った2013年のレースが、まさにそれでした。4枠8番から、最高のスタートを決めた瞬間に、迷わず、逃げる競馬を選択していました。

 こうなると、次に考えるのは、――このまま、後続の馬に絡まれることなく、逃げ切るためには、どうすればいいのか。ということです。馬場状態。馬の体調。出走馬の顔ぶれ……すべてを考え、導き出したのが、道中、ほぼ同じラップを刻んで走ることでした。

 当時の数字を振り返ると最初の1ハロン(約201.17メートル)が12秒2で、そこから、11秒0、11秒7、11秒8、12秒1、12秒1、12秒0、12秒0、11秒6、12秒1。ほぼ同じ数字がキレイに並び、ハイペースでもない、スローペースでもない、緩みのない平均ペースで駆け抜けたことが分かってもらえると思います。

 それでも、最後までどうなるか分からないのが競馬です。ほぼ思い描いた通りの理想的な展開で最後の直線を迎えたときも、「なんとか、このまま最後まで持ってくれ!」と心の中で叫んでいました。

『豊マジック炸裂』『スイスイと逃げ切る』『華麗なる逃走劇』 確かに会心の騎乗でしたが、でも、翌日のスポーツ紙に躍った見出しほど、楽な競馬ではありませんでした。

 今週末は、武家のルーツであり、今も多くの親戚が暮らす第二の故郷。函館で、ステイインシアトルとともに、2度目の「函館記念」制覇を狙います。

 奇しくも、「鳴尾記念」を逃げ切り、この「函館記念」へと挑むのは、トウケイヘイローとまったく同じローテーションです。しかも、トウケイヘイローはここを勝ち、続く「札幌記念」でも、逃げ切り勝ちをしてくれました。

 はたして、今年はどうなるのか!? 作戦は、ゲートを出た後に考えます。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算4000勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】ルーツとなる土地で、G3「函館記念」2度目の勝利を!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.