日刊大衆TOP 芸能

桑野信義「親父はラッパ吹きだけど、息子はラッパーなんだよ(笑)」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

[週刊大衆2017年07月17日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

桑野信義「親父はラッパ吹きだけど、息子はラッパーなんだよ(笑)」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

もっと画像を見る

 今週のアナタに会いたいは、“クワマン”さんこと桑野信義さんです! 私は3年前、志村けんさんの舞台『志村魂』で一緒にお仕事をさせてもらって以来、ずっとお世話になっております。トランぺッターであり、タレントでもある桑野さんは、いつも精力的。息子さんのMASA(桑野将直)さんとCDを出されたり、極真空手を始めたりと、常に新しいことに挑戦されているんですね。

ゆま「今日はよろしくお願いします! ずっとお話したかったんですが、桑野さんと息子であるMASAさんとの親子ユニット『KUWANOMIX』を聞いて、私、すごくビックリしちゃったんです」

桑野「アハハ。どういうふうにビックリしたの?」

ゆま「だって、ラッパーなんだもん。てっきり私は桑野さんはラッパを吹いているのかと思ったら、ラッパーになっているからビックリしました」

桑野「そうなんだよ。親父はラッパ吹きだけど、息子はラッパーなんだよな(笑)。で、俺も、そのラッパーに初挑戦したわけだ」

ゆま「同じラッパでもジャンルが全然違う(笑)」

桑野「歌自体は、シャネルズの頃から歌っているけど、ラップはなかったからね。だからレコーディングのときも、息子とイヤ~な雰囲気になっちゃってさ~」

ゆま「え? どうしてですか?」

桑野「レコーディングで歌詞なんて覚えていかないじゃない、普通。歌詞を見て歌えばいいでしょ?」

ゆま「まあ、ライブではないですもんね」

桑野「ところが息子は激怒だよ。“親父は歌詞を読んでいる感が出ていて、気持ちが全然入っていない!”って…」

ゆま「桑野さんが息子さんに説教されたんですか?」

桑野「そう。あげくの果てには、“今日はもう止めだ”と言い出し、俺のせいでレコーディングが中止になる始末だよ。まあ、KUWANOMIXは息子がオールプロデュースしているから、従うしかないわけよ」

ゆま「鬼監督みたい」

桑野「マジで、そんな感じだよ(笑)。この野郎、と思ったけどね。まあ、親としては頼もしくなったな、とも感じるけどね」

ゆま「いいですね~。実際、お二人のラップを聞くと、仲がいいんだろうなあって、曲からも伝わってくるんですよね」

桑野「そうかな。まだまだあいつには負けられない、と思っているよ」

ゆま「おお、格好いい!」

桑野「それで最近始めたのが、新極真空手なんだよ」

ゆま「空手を始められたんですか、すごい!」

桑野「そうなんだよ。俺も60になってね、いろいろと大変なんだよ。家のローンもまだ25年残っていて、85歳まで払い続けなければいけないし……って、そういう話ではなくて(笑)。60になっても、まだまだ負けるわけにはいかないから、何かを始めようと思ったんだ」

ゆま「でも、なぜ空手を?」

次ページ >> 新極真空手でたるんだ精神と肉体を鍛え直そうと思って

桑野信義「親父はラッパ吹きだけど、息子はラッパーなんだよ(笑)」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.